経験者なら知っておきたい『メバリング』用語集 釣りの幅を広げよう

経験者なら知っておきたい『メバリング』用語集 釣りの幅を広げよう

メバリングも2シーズン、3シーズンとやって、中級者以上となれば、かなり釣り方には精通してくるはずだ。次のような専門用語も押さえ、意識の上でも一層熟練していきたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

メバル類別に関する用語

メバルを類別する用語。

赤、白、黒メバル

メバルの種類。赤メバル、白メバル、黒メバルがいる。場の条件によって、釣れるメバルの種類は違う。メバルの体色や、その他の特徴によって類別される。

ブルーバック

回遊性が高い黒メバルの中で、体色が青みがかったものをブルーバックと呼ぶ。メバルアングラーにとっては特別なメバルだ。

経験者なら知っておきたい『メバリング』用語集 釣りの幅を広げよう朝マヅメのブルーバック(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ほとんどのブルーバックは日中は外洋を回遊し、朝夕マヅメに浅瀬に差し込む。小魚がメインベイトで、岩礁帯などでよく釣れる。

釣り方に関する用語

釣り方に関する用語。

レンジキープ

ジグヘッドを任意のレンジに定位させること。基本的に1g以下のジグヘッドを使い、メバルの場合では表層に止め置く。場の条件にもよるが、0.6、0.4g程度がヘッドウェイトの基準となる。

釣り方としては、海に投入し、ラインスラックを素早く回収してまず表層にリグを置き、ラインテンションを張って、そこからじわーっとロッドを上にさびくようにして操作する。そうすることで、表層に長くリグを定位させることができる。

経験者なら知っておきたい『メバリング』用語集 釣りの幅を広げよう基本はサオの操作だけ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ロッドを上げきったところでラインスラックを再び回収し、同じ動作を繰り返して、手前までリグが戻ってきたら回収し、再び投入する。

ミドスト

レンジキープと同様、リグを漂わせるように使う釣法。ミドストはどちらかといえば、メバルの場合、1g級(釣り物に合わせてヘッドウェイトは変わる)でレンジをやや入れて、表中層についたメバルを、レンジキープと比べるとやや早い漂わせの誘いで釣る。要領はレンジキープと同様だが、レンジが深く、また釣りそのものがやや早い。

プラッギング

プラグを使ったメバリングゲーム。ミノー、クランク、ポッパーなどがある。メバルは必ずしもワームに優先的に食うとは限らない。ベイトフィッシュパターンのときには巻きがファーストになるなど、プラグが効く日もある。

次のページでタックル組み合わせ関連の用語を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。