初挑戦のヤリイカ釣りで本命ゲットに笑顔 多点掛けも達成【庄幸丸】

初挑戦のヤリイカ釣りで本命ゲットに笑顔 多点掛けも達成【庄幸丸】

内房勝山の庄幸丸へ初めてヤリイカ釣りに行ってきました。前半はサバと二枚潮のダブルパンチでしたが、潮が安定し活性が上がると初挑戦ながらヤリイカ多点掛けも達成しました。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

庄幸丸でヤリイカ釣り

ヤリイカは初めての釣りだし、なんだか難しそうなイメージ。「私に釣れるかな?」と、ドキドキで前日はあまり眠れませんでした。

2月12日(金)、まだ暗い5時に内房勝山港到着。庄幸丸の受け付けを済ませて、さっそく船に乗り込みます。

初挑戦のヤリイカ釣りで本命ゲットに笑顔 多点掛けも達成【庄幸丸】勝山港周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

サバと二枚潮のダブルパンチ

6時出船。50分ほど走って洲の崎沖水深190mへ。途中、投入器へ11cmプラヅノ6本のブランコ仕掛けをセット。ポイントが近づき、船のスピードがゆっくりになると、150号のオモリをしっかり手に握ってスタンバイ。船長の合図と同時に仕掛けを入れるよう待機します。

潮回りのあと「どうぞ」の合図でみな一斉にオモリを投げ込みます。着底を待っていると、水深80mをすぎた辺りでミチイトが止まります。「ん?」これはサバの仕業。オマツリしないよう、全速で巻き上げ。

気を取り直して再投入。今度は170、180……と順調に落ちていきます。電動リールのカウンターが190mを越えても止まりません。どうやら二枚潮でミチイトがフケてしまっているようです。

着底はしましたが、こうなるとアタリが取りづらい。隣の人や後ろの人とオマツリしやすい状況に苦戦していると、船長から移動が告げられます。

初挑戦のヤリイカ釣りで本命ゲットに笑顔 多点掛けも達成【庄幸丸】庄幸丸の様子(提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

白浜沖ポイントへ移動

しばらく走って白浜沖水深160m前後へ移動。

船のスピードがゆっくりになると、やがて投入のアナウンス。同時に「えいっ」と、オモリを正面に投げ込みます。しかし、これがなかなか上手にできません。

この釣り場は潮が安定していたようでイトフケすることなく着底。底から5m上まで誘います。竿を真上近くまで上げてステイ。乗りがなければ、竿先を下げながらミチイト巻き取ってまた誘い上げるの繰り返し。

初挑戦のヤリイカ釣りで本命ゲットに笑顔 多点掛けも達成【庄幸丸】ん?触ったかな?(提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

次のページで初ヤリイカをゲット!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。