【伊勢湾2021】カットウフグ最新釣法解説 捨てオモリ式がトレンド?

【伊勢湾2021】カットウフグ最新釣法解説 捨てオモリ式がトレンド?

今回は伊勢湾カットウフグの最新釣法を紹介する。底の粗い伊勢湾対応の仕掛けからエサの付け方、釣り方まで紹介するので、ぜひチェックしてヒガンフグに挑戦しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

伊勢湾のヒガンフグ釣り

春先の伊勢湾では、産卵を控えた大型のヒガンフグが特定の場所に集結し、数釣りが楽しめる。特に集中して釣れる日はXデーと呼ばれ、フグシーズンのフィナーレを飾る一大イベントとして、毎年多くのファンが楽しみにしている。集まってくるフグのなかには、ジャンボと呼ばれる1kg超えの大物も多いため、確率を上げてサイズを狙える好機だ。

ヒガンフグは岩礁帯を好んで生息する大型のフグで、最大で2kgほどに成長する。名前にヒガンと冠する理由だが、春のお彼岸の時期に産卵を迎え、大量に接岸することからその名がついた。

甲殻類や貝類、ゴカイ類など多様なエサを捕食する。いずれも底に生息している生き物なので、まきエサなどに寄った場合を除き、摂餌行動のときは底を意識している。釣りでは底スレスレを狙うのもこのためだ。

【伊勢湾2021】カットウフグ最新釣法解説 捨てオモリ式がトレンド?大型ほどカットウ釣りが有利(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

釣りにおいては、小潮回りなど潮が強く流れないときが良いとされる。フグ自体の、「エサを食うときの都合」もあると思うが、カットウ釣りでは底をち密に釣っていくので、釣り人の攻めやすさ、船の流れるペースなどもその理由となる。

一方でフグの仲間はその見た目に反し、遊泳力に優れているものもおり、ヒガンフグもこのタイプ。潮がよく流れている環境下、ウタセマダイやイシダイ釣りの外道で掛かってくるので、かなりの流れの中でも行動可能なのだろう。

カットウ釣りが盛んな理由

小型のものは、ショウサイフグやコモンフグ同様、食わせ釣りで釣り上げることができるが、大型になるとハリをひとのみにしてしまい、ペンチのような歯でハリスはおろか、ハリまで破壊してしまうことも。ゆえに、サイズ狙いとなるとカットウ釣りでないと太刀打ちできない。

【伊勢湾2021】カットウフグ最新釣法解説 捨てオモリ式がトレンド?愛嬌抜群のフグが待っている(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

またフグはエサを探す際、視覚への依存度が高いとされる。このため大量のエサを付け、目立たせることができるカットウ釣りが、フグを寄せる点でも圧倒的に優位となる。この釣り方で盛んに狙われるのは、釣趣以外にこういった理由があるからだ。

次のページで釣果を伸ばす仕掛けを紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。