西湖でまもなく解禁 最も美味な淡水魚と評判の『ヒメマス』釣りとは?

西湖でまもなく解禁 最も美味な淡水魚と評判の『ヒメマス』釣りとは?

山梨県・富士五湖のひとつ、西湖のトラウトがもうすぐ開幕。ここでは最もおいしい淡水魚とも言われるヒメマスについて、同湖でのポイントや釣り方を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ボート釣り

ポイントの把握がキモ

ヒメマスは流れのある生きた水を好み、その流れは風向きや水温により変わってくる。前回釣れたからとそのポイントに入っても、アタリすらないことも少なくない。釣行前に、ボート店で前日までの釣況をしっかりと確認することをオススメする。

傾向として言えるのは、春季は水面下15m前後からスタート。ゴールデンウイークには、ノベ竿でも釣れるような浅場に浮いてくる。また、秋季は水面下20m前後を中心に、日によって15~30mと幅がある。

西湖でまもなく解禁 最も美味な淡水魚と評判の『ヒメマス』釣りとは?湖央より北側を望む(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

ちなみに、同湖は湧水により湖水が確保されているので、インレットはない。それゆえにボートを使用し、魚探を見ながらその日のタナや回遊ルートを探し出すところから始めなければいけない。

当たれば連続ヒットも

バラシが多いことも、この釣りの難易度を上げている。25cm級であっても、60号のオモリを食い上げるほどの引きを見せる一方で、サケマス類の中でもっとも口が弱く、強引に引き寄せると口が切れてしまう。さらに、慎重に引き上げすぎると、掛かった魚にブラックバスがバイトしてくることも。一筋縄ではいかないのが、同湖でのヒメマス釣りなのである。

初心者にはやや敷居が高く感じられるかもしれないが、ヒメマスは群れで回遊する魚。当たれば比較的簡単にバタバタと釣れる。

西湖でまもなく解禁 最も美味な淡水魚と評判の『ヒメマス』釣りとは?春季シーズンの釣果の一部(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

解禁直後は寒い日が多いが、ゴールデンウイークごろになると、ポカポカと暖かい日に釣りができるようになる。湖の中層にいる魚なので、晴れた日でも食い渋ることは少ない。産卵期の婚姻色が出て背っぱりになった魚体も格好いいので、ぜひ訪れてみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
西湖
西湖漁協 TEL=0555(82)3456
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年3月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。