西湖でまもなく解禁 最も美味な淡水魚と評判の『ヒメマス』釣りとは?

西湖でまもなく解禁 最も美味な淡水魚と評判の『ヒメマス』釣りとは?

山梨県・富士五湖のひとつ、西湖のトラウトがもうすぐ開幕。ここでは最もおいしい淡水魚とも言われるヒメマスについて、同湖でのポイントや釣り方を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ボート釣り

西湖解禁間近

山梨県・富士五湖のひとつ、西湖。同湖のトラウトといえば、ヒメマス、サクラマスが有名だ。2010年、絶滅したとされていた秋田県・田沢湖の固有種であるクニマスが発見されたが、この希少種は狙って釣れるものではない。

同湖の最大深度は70m超。淡水系の釣り場としては、かなり深い。

西湖でまもなく解禁 最も美味な淡水魚と評判の『ヒメマス』釣りとは?西湖周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

放流の中心はヒメマス。サケマス類では小型だが、銀白色に輝くその魚体はほのかにピンク色を帯びて美しい。国内の淡水魚の中でもっとも美味しい魚のひとつとされている。

西湖でまもなく解禁 最も美味な淡水魚と評判の『ヒメマス』釣りとは?婚姻色の出た28cm(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

同湖では、稚魚放流のほか、15~20cmの成魚放流が行われている。栃木県・中禅寺湖や神奈川県・芦ノ湖の同魚に比べてやや小ぶりだが、数釣りを楽しめるのが特徴だ。

釣期は春と秋の年2回。例年ならば、3月20日~5月末まで、10月1日~12月末までが解禁期間となっている。

エサ釣り&トローリングが主流

同湖でのヒメマス釣りは、エサ釣りとトローリングが中心。エサ釣りの場合、主要ポイントにブイがあるので、それにロープをつないでボートを係留する。

西湖でまもなく解禁 最も美味な淡水魚と評判の『ヒメマス』釣りとは?タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

仕掛けは5~6本のサビキを使用する。ヒメマス専用のサビキ仕掛けはあるが、アジ用の4~5号でも代用可能。食い上げるアタリが多いので、オモリは15~30号と重めを使用。エサは、イクラのほか、サシ、イカ短。タナが深い場合、イクラは水圧で潰れてしまうことがあるので要注意だ。

また、スキンや皮以外に、ウイリーを使った仕掛けもある。エサを付ける必要がなく、覚えてしまえば釣果が安定するので、これで専門に狙う人もいる。

西湖でまもなく解禁 最も美味な淡水魚と評判の『ヒメマス』釣りとは?湖央より西側を望む(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

トローリングは、一般的にヒメトロと呼ばれ、ボートをゆっくり操作しながらの釣りとなる。主にエンジン船を使うが、ローボートで釣果を上げている強者もいる。

仕掛けは、シンカー60~80号の後ろに、ペラやドジャーと呼ばれる集魚板を装着し、その先にルアーやタコベイトを付けたもの。魚探でタナと群れの動きを把握し、ボートを操作しながら的確にルアーを群れの中に入れて食わせる。

次のページで狙うポイントについて解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。