真冬のシーバスゲームで60cm級『アフター』をキャッチ【熊本・通詞島】

真冬のシーバスゲームで60cm級『アフター』をキャッチ【熊本・通詞島】

熊本県天草市・通詞島は、雨上がりで北風が強く吹き付ける予報で、ウネリと濁りが入り、シーバスには絶好な状況だった。2月上旬に訪れた時の模様をお届けする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

通詞島でシーバス狙い

2月上旬、午後10時に通詞島(熊本県天草市)に到着。

真冬のシーバスゲームで60cm級『アフター』をキャッチ【熊本・通詞島】通詞島広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

堤防の先端に着くと、アジ泳がせ釣りの人がいた。状況を聞くと、アオリイカはまったく釣れてないとのこと。中央ではサビキ釣りをされていた人もいたが「夏?」っていうぐらい、アジのサイズも10cmほど。

犬走りの方に入り、ライト下をのぞくと潮もさほど動いておらず、シーバスも1尾うろちょろしているだけ。

当日のタッックル

真冬のシーバスゲームで60cm級『アフター』をキャッチ【熊本・通詞島】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

まずはチャートカラーのミノーで探る。ゆっくりゆっくり引いてくると、どこからともなく数尾チェイス! 「くぅ~! あと少しの距離が縮まらん!」。

次は食わせのボトムアッパー+フラットジャンキーに替え、ゆっくり引いてくると……「追尾すらせん……ついにパターンが変わったか?」。

その後もルアーチェンジするが、最初のミノーに追尾しただけ。「激ムズになっとるやん!」。

「水中に入れたらダメだな」。経験からトップという糸口は見えたが、ボックスにあるのはミノー各種。「ん~……小型のミノーでもいいけど、風であおられて水面滑るからな~、少し大きめで風の抵抗受けても流されないやつか……」。

ボックス内で一番それができるルアーがショアラインシャイナーR50のキビナゴ。ルアーをキャストし、超デッドリトリーブで巻き、水面直下0mを風と波を利用しフラッシングで誘う。

60cm級シーバス登場

「あ!」答えはすぐに出た!「モアッ」「食った~!でも小さい~!」。80cmサイズより暴れ、ジャンプするシーバスをいなし、タモ入れ成功!サイズは60cmほど。

真冬のシーバスゲームで60cm級『アフター』をキャッチ【熊本・通詞島】80cm級を思わせる暴れっぷり見た(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

「ん~連続ランカー捕獲失敗したか」。だが答えは出た!表層を流れてきたマイクロベイトを補食しているので、吸い込みが弱い。ぶりぶり泳ぐワームやルアーは無視。目線は完全トップ。

アフターシーバスと勝負

導きだした答えはアフター!産卵後の個体。「分かったけどさ、ん~……ルアーが手元にないよな~、流れが強くなるまでが勝負だな」。

同じやり方で、ミノーを潜らせず水面直下0mでフラフラと泳がせ+漂わせてると「お~! バレた~!」。

吸い込みが弱く、なかなかフッキングしない。「フェザーフックとか付いてるあれがあればな~。今度持ってこよう」。

それからもう1回バイトがあり、掛けたがやはりフックアウトし、流れが激流になりルアーコントロールが困難になってきたため、悔しい気持ちを抑え帰路に。

<週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
通詞島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年2月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。