究極の深海ターゲット『ベニアコウ』釣り 水深1000mから3kg級浮上

究極の深海ターゲット『ベニアコウ』釣り 水深1000mから3kg級浮上

1月末、南房の船宿からベニアコウ狙いで出船。ラストの4投目に一発勝負、究極の深海ターゲットのベニアコウに対面できたのでリポートしたい。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・針生芳昭)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

深海ターゲットベニアコウ狙い

ベニアコウの標準和名は「サンコウメヌケ」と「オオサガ」の2種。生息域は水深1000m以上(東京スカイツリー634mと東京タワー333mを足してもまだ深い)。釣り人が狙うことのできる、もっとも深い究極の深海ターゲットだ。

タックルも最強&最大級。ロッドはオモリ負荷300~800号、リールはPEライン12号を1400m。オモリは700号(500号に200号オモリをビニールテープで巻きつける)を使用。

究極の深海ターゲット『ベニアコウ』釣り 水深1000mから3kg級浮上ベニアコウタックル例(作図:週刊つりニュース関東版APC・針生芳昭)

集合時間の3時間前に港到着。オマツリ回避のため、片舷流しの釣りで、両舷には乗せない。座る席はどこにしようか迷う。この日は北の風風速5m/s、波の高さは0.5mの予報。日当りのいいミヨシか、波の影響を受けないトモか迷った末、前者に決めた。

4時30分、全員が集まったところで出船。ポイントまでは1時間ほどで、意外と近い。

ベニアコウの釣り方

南房でのベニアコウ釣りの投入回数は一日4回。投入から着底まで15分、流しに30分、巻き上げに40分。1回の投入から巻き上げ終了まで、90分ほどを要する。

投入

投入はトモ側から「1番目の人」と呼ばれる。最初の人がスムーズに投入したら、船長が船を前進させながら、「2番目の人」と続く。投入準備ができていない、手前マツリなどトラブルの場合は1回休みとなるので、準備は万全にしておくこと。

着底

船長から「水深980m」とアナウンス。余計なミチイトが出ないように、リールのスプールに指を当てて落下スピードを調節。オモリの重さを感じながら海底まで下ろしていく。

もっとも重要なのは、着底を見逃さないこと。竿先が一瞬、オモリの重さから解放されるのを見極める。これを見逃すと潮の流れでミチイトが永遠と出ていってしまう。水深1000mもあるので、再度の底ダチは難しい。

巻き上げ

このあと、オモリの重さを感じなくなったら1~2mずつリールを巻き取る繰り返し。オモリで底トントンができればいいが、潮の流れが速いと厳しい。30~40分ほど流したら船長から「上げてください」と、アナウンスが流れる。魚が掛かっていなければ速めに巻き上げ。魚がついていれば中速で巻き上げる。

忘れがちなのはリールのドラグ調整で、急に引き込まれたとき滑るように設定する。これも大事な作業のひとつ。

次のページでベニアコウ登場

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。