ジギングでワラサ&サワラ 定番「シルバーショートジグ」が当たり【強丸】

ジギングでワラサ&サワラ 定番「シルバーショートジグ」が当たり【強丸】

1月23日に三重県鳥羽市安楽島の強丸へ、ブリ・ワラサ狙いでジギングに出かけた。沖の定番「シルバー系ショートジグ」で本命をゲットした模様をレポートしよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

強丸でジギング

強丸の船長に当日のプランを確認すると、ポイントは沖でジグの重さは150g以上ということ。最初のジグは使い慣れた頑鉄Z165gの赤金をチョイスし、予定通り午前6時半前に出船した。

最初のポイントに7時前に到着し、ジギングがスタート。

少しキャストしてジグを沈め、ワンピッチで潮の重さを確認するが緩い。ジグが必要以上に跳ねないようワンピッチは小さめにし、底から20mほどを誘っていくが、なかなかアタリがない。

定番ジグでサワラ

そんななか、同船者にはポツポツとブリ、ワラサ、サワラがヒットする。ジグのカラーやサイズを変更するなど、いろいろ試行錯誤するが、なかなかヒットパターンがつかめない厳しい状況。

手探りのなか、時間だけが過ぎていく。11時を過ぎたところで、沖の鉄板カラーであるシルバー系のショートジグに絞り込み、心中覚悟で気持ちを入れ直した。

するとジグの着底後、3回ほどただ巻きし、ワンピッチに入るタイミングで、ゴツンと待望のアタリ。グイグイとリールを巻き上げると、うれしいゲストのサワラだ。

ジギングでワラサ&サワラ 定番「シルバーショートジグ」が当たり【強丸】ショートジグで仕留めたサワラ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

ワンピッチのフォールでワラサ

その後も同じような誘いで攻めると、今度はワンピッチのフォール中にガツンとアタリ。大きくアワセを入れると青物独特の強烈な引き。ここは無理をせず、慎重にやり取りを楽しむ。

リーダーが見えると魚体が見え、無事タモ入れ完了。狙いのワラサをゲットした。その後も船中ではポツポツと魚が上がり、残り5分で私が乗船したサイドの3人が同時ヒット。

冬シーズン後半も期待大

その後は強烈に青物が連鎖し、船中お祭り状態に突入。私も1匹ワラサを追加し、この日の釣行は終了となった。雨が降る厳しいコンディションながらも全員がお魚ゲットし、船中和気あいあいと楽しい釣行だった。

今後の状況であるが、1月はコンスタントにブリやワラサが上がっており、冬のジギングシーズン後半戦も引き続き、大いに楽しめそうである。

<週刊つりニュース中部版 APC・伊藤新治/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
強丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年2月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。