『アジング』ステップアップ解説:フリーフォール中のアタリの取り方

『アジング』ステップアップ解説:フリーフォール中のアタリの取り方

アジはただでさえアタリが小さい魚だが、さらに難しいいくつかのアタリがある。抜けアタリ、居食い、フリーフォール中のアタリ。そのようなアタリをとるためのコツを紹介。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

違和感=軽いアワセ

アジはその他にも理屈のわからない「違和感」に近いアタリが多い。沖で良型を掛けるときのアタリは相対的に小さく感じられる。いつでも手前で簡単なアタリが取れるとは限らない。

アジングをしていて違和感を感じた場合、軽いアワセを入れて様子をみよう。アジングでは基本的にレンジキープの釣りが主体になるので、大アワセではせっかくの的を射たレンジを抜けてしまうし、周囲のアジにプレッシャーを与える意味でも良くない。

また、筆者の感覚では、アジングにおいて脊髄反射的な即アワセは推奨できない。即アワセとは言うが、光だってある程度遅れるのだから、音速に近いかそれ以下のアタリは必ず遅れて伝わるため、その「即」のときにはアジは動いているのだ。ラインテンションを張っていれば、アジングでアワセは基本的に不要。ジグヘッドのハリ先が勝手に仕事をしてくれる。

アジを大型魚が食うことも

即アワセは不要だが、上述のような微妙な難しいアタリは、なるべく早く察知して回収したい。呑まれると厄介だし、食われたままちょっと泳がれたり、ジタバタされると怖いことがある。それは大型魚の襲来だ。

アジは釣られてくるときに、魚にだけ聞こえる微妙な周波数の音波を出すらしく、それが大型魚を引き寄せることがある。シーバスやチヌなら良いが、エイやボラなどを引き寄せる場合も。

『アジング』ステップアップ解説:フリーフォール中のアタリの取り方釣ったアジに食ってきたシーバス(提供:WEBライター・井上海生)

アジングでは単純に「コン」と出るアタリばかりではないと覚えておこう。難しいアタリを掛けて的確に回収し、次にちゃんと「コン」とくるアタリに変えられるようにレンジ調整してこそ、一人前のアジンガーである。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。