東京湾『SLJ』でワラサ&カンパチ トラフグ連発にビックリ【林遊船】

東京湾『SLJ』でワラサ&カンパチ トラフグ連発にビックリ【林遊船】

今年の初釣りは東京湾原木中山の林遊船から、軽量メタルジグでさまざまな魚を狙うSLJ(スーパーライトジギング)。時期によって釣れる魚は多彩で、今回は何が釣れるか楽しみ♪

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

筆者にも良型ワラサ

青物には銀系のジグが効果的に感じたので、ルアーを交換し投入するとヒット。ドラグが鳴るいい引き。水面に現れたのはイナワラ。ラインはPEライン0.8号なので、このサイズでもスリリングなファイト。

「今がチャンス!」。再度同じジグを投入、小刻みに底から探り、ちょうど底上5mでイトがフケ、瞬時にアワせるとロッドがガシッと止められる気持ちいいアタリ。「きた~、これはデカい」。全員が見守るなか、魚に主導権を渡さないよう、3分の格闘。「見えたよ、ワラサ!ワラサ!」と船長がタモを差し出し、魚を頭から誘導しネットイン。

竿を支える右手はパンパン。寒さを忘れる楽しいファイトでした。

東京湾『SLJ』でワラサ&カンパチ トラフグ連発にビックリ【林遊船】筆者にも良型のワラサがヒット(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

SLJは女性や子どもも楽しめる

田辺さんはその後もワラサを1尾追加。トモの篠崎さんも同魚を上げ、ここで納竿。タイミングがよければ、まだこの魚が釣れるそうですよ。

東京湾『SLJ』でワラサ&カンパチ トラフグ連発にビックリ【林遊船】青物特有の強い引きを堪能(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

ジギングは、体力が必要な男性向けの釣りだと思っていたのですが、軽いジグを、フワリフワリと竿曲がりを利用して誘い上げるSLJは女性や子どもも無理なく楽しめる釣りですね。

次回はブリ目指して頑張ります。

<週刊つりニュース関東版 白井亜実/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:林遊船
東京湾『SLJ』でワラサ&カンパチ トラフグ連発にビックリ【林遊船】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年2月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。