『メバリング』ステップアップ解説:ポッパー&クランクベイトの使い方

『メバリング』ステップアップ解説:ポッパー&クランクベイトの使い方

メバルはルアーに反応がいい魚。最近はポッパー、ミニクランクベイトという釣り方も出てきたので活用してみよう。今回はそれぞれの使い方を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ポッパーでメバリング

ポッパー。主にはブラックバスで使われるルアーだ。そういえば最近はあまり新製品の話を聞かない気がする……ちょっと廃り気味なのか?

メバルをポッパーで釣ろうなんて、誰が考えたのだろうか?しかし、私も専用品を手に入れてみたが、確かに釣れる。若干操作が難しいが、メバルは反応した。

『メバリング』ステップアップ解説:ポッパー&クランクベイトの使い方ポッパーでメバル(提供:WEBライター・井上海生)

ちなみに、カサゴも反応。壁に張り付いていたタイプのバイトだろうか?

『メバリング』ステップアップ解説:ポッパー&クランクベイトの使い方ポッパーでカサゴ(提供:WEBライター・井上海生)

試したのは12月下旬の大阪南港。シーズン序盤が終わりかけというところか?とはいえ、今年は例年より低水温で、メバルの適水温を外れた日の釣行だったのだが、ポンポンと2匹続いた。落ちパクのリアクションバイトに似たものだろうか?

使い方としては、サオ先を下げて、リーリングで動く。1000番のリールのハンドルを半回転させるくらいで、ほどよく水しぶきが上がる。私のやり方が荒いのかもしれないが、1回転させるとルアーが跳ねてしまった。半回転くらいがちょうどよさそうだ。

ミニクランクはキワで強い

ミニクランクベイトもメバルはよく釣れる。いい日はワームと遜色ないくらいだ。私は「ミジンコ」というものを使っているが、本来はアジ用。だがメバルも釣れる。

『メバリング』ステップアップ解説:ポッパー&クランクベイトの使い方ミニクランクでメバル(提供:WEBライター・井上海生)

「ミジンコ」は1.8gで大体2cmくらいのプラグなのだが、メバルはこれくらいのサイズ感のプラグには本当にカンタンに口を使ってくれる。マイクロメタルジグでもそうだ。

これがフローティング系のミノーやシンキングペンシルとなると、ちょっと話が違う。あえて釣りを難しくする、マニアックな釣りになる。しかしミニクランクは確実に有効な手である。

次のページでは使用前の注意点を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。