釣りライター100人に聞きました:今年1年釣具にいくら使った?

釣りライター100人に聞きました:今年1年釣具にいくら使った?

2020年は新型コロナの影響で釣りには行きにくい1年になったが、釣り具に使った金額はいくらくらいだろう?気になるアングラーの懐事情をライター100人に聞いてみた。

(アイキャッチ画像提供:pixabay)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

Q1.今年1年釣具にいくら使った?

まずは皆さんへの「どれくらい使ったのか?」の質問に対しての結果を見てみよう。

釣りライター100人に聞きました:今年1年釣具にいくら使った?釣り具に使ったお金(提供:TSURINEWS編集部)

釣行が減ってアイテムを買わなくなった方も確実にいたとは思うが、圧倒的多数を占めたのが「100001~」と答えた方。新型コロナウイルス関係のアンケートを取った際に「釣行を控え、浮いた費用でタックル等を購入した」という声があったよう、道具ばかりを買っていた人も多かったのではないだろうか?

かくいう私も、今年は数年ぶりにリールを新調、ルアーも大量に買い込んでしまった。で、未だに一回も使っていないという落ちまでついている。お家時間が増えるとついつい「ぽちっ」とやってしまうから困ったものである。

Q2.最も高額だったアイテム

では、次の質問。「今年購入した釣具の中で最も高額だったアイテムを教えてください」。

釣りライター100人に聞きました:今年1年釣具にいくら使った?最も高価だったアイテム(提供:TSURINEWS編集部)

これに関しては、やはりサオやリールといった高価なアイテムが大半で、納得の結果となった。サオやリール以外では、「タングステンの鉛スッテ」や「PEライン」、かわったところで「ヘラブナ釣りのお膳」、「SUP」といった回答があった。

せっかくなので、前問で「100000円以上使った」と回答した人の中で、一番安そうなものを買っている人に注目してみた。すると、100000円以上使っているのに一番高価な物がバッカンだった人を発見。消耗品を買いまくった結果?また、同じく100000円以上使って高額アイテムが「船底の塗料」という方も。船底の塗料は高価なのか?それとも量が必要なのか?

反対に10000円以下で高価そうなものを手に入れた人を見ると、「中古のリール」というのを発見。最近の製品だとそう性能がかわらないにもかかわらず、中古だと値段はかなり抑えられるので、これはいい買い物かも?

Q3.最も購入回数が多かったアイテム

さてさて、続いての質問は、「今年購入した釣具の中で最も購入回数が多かったアイテムを教えてください」というもの。

釣りライター100人に聞きました:今年1年釣具にいくら使った?頻繁に買ったアイテム(提供:TSURINEWS編集部)

ハリ、エサ、イト、オモリなどがぱっと思い浮かぶが、実際はどうだったのだろう。結果を見てみると、やはりライン、ハリ、オモリといったものが大半だったが、意外だったのはルアーが圧倒的に多く、エサが意外と少なかったということ。ルアーが多いのはジグもプラグもエギも一緒にカテゴライズしたのが原因でもあるが、エサの少なさは不可解である。

しかし、そんななか「リール」、「ロッド」と回答しているライターが一人ずついた。記入ミスだとは思うが、もし本当にリールとロッドだったのならなかなか面白い話が聞けそうだ。

次のページでは釣り具を安くゲットする方法を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。