釣具店が勧める沖釣りターゲット:ヤリイカ【フジモリフィッシング】

釣具店が勧める沖釣りターゲット:ヤリイカ【フジモリフィッシング】

冬のイカ釣りといえば「ヤリイカ」。わずかに竿先に表れる触りをテクニックを駆使して掛けていく繊細な釣りで、冬の冷たい沖の風と相まって凛とした佇まいは美しい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版・大高)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

進化するヤリイカタックル

ここ最近の海水温の上昇を受けて、イカ釣り全体が毎年のように様相を変え、「去年はこれで釣れたんだけど……」というようにこれまでのアイテムやテクニックが通用しなくなることも珍しいことではない。

釣具店が勧める沖釣りターゲット:ヤリイカ【フジモリフィッシング】冬のターゲット(提供:週刊つりニュース関東版 大高)

具体的なところで言えば、釣れ始める時期がズレる、冬場だというのに潮が速すぎて120号のオモリでは対応できない、触りやアタリが年々小さくなった。どれかひとつでも思い当たるところがあるはず。そんな状況に対して、タックルや仕掛け、釣り方も年々進化している。

ヤリイカ釣りのタックル

ヤリイカ釣りのタックルを紹介しよう。

釣具店が勧める沖釣りターゲット:ヤリイカ【フジモリフィッシング】美しい佇まい(提供:週刊つりニュース関東版 大高)

竿

数年前までは、2m以上の竿が人気だったが、ここ数年は2m以下の短い竿が主流。これは、短い竿の方が手持ちで小技が効きやすく、短いストロークで触りを出すための誘いなどのバリエーションが増えるといった要因があるように思われる。そして、穂先はそんな繊細な触りを表現できるように俊敏。

リール

水深100m以上を狙うことになるのでPEライン3~4号を300mは巻ける電動が基本。水深300m前後を狙うことは珍しくなくなったスルメイカとの共用は難しくなってきそうだ。また、触りを伝えるPEラインも重要。巻きっぱなしで毛羽立つようなものはすぐ切れてしまう。こちらも信頼できるものを使用したい。

仕掛け

11cmのプラヅノを使ったブランコ、または直結仕掛けで狙う。繊細な触りほど直結の方がエダスを介さない分アタリが出やすい反面、たるみやすくバレやすい。直結は取り扱いに慣れが必要なので、やはり経験を重ねることが重要。ヤリイカ釣りを本気で楽しみたいのであれば、積極的に使ってほしい。

ハリ数が多く、カエシの付いていないカンナを使うイカ釣りでは、「手返し」「取り込み」が非常に重要な要素で、そのために投入器や指サック、カンナを掛けておくマット、サバ外しなどさまざまな手返し向上アイテムが存在する。

中オモリやヨリトリもこれらに直結する重要なアイテムだが、なかには、潮の影響を受けて逆にアタリや触りを消してしまったりしかねないものもある。必ず実際に使用してみて、その状況にあったアイテムを選びたい。

次のページはイカ釣り専門店&オリジナル商品を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。