『メバリング』ステップアップ解説:ポッパー&クランクベイトの使い方

『メバリング』ステップアップ解説:ポッパー&クランクベイトの使い方

メバルはルアーに反応がいい魚。最近はポッパー、ミニクランクベイトという釣り方も出てきたので活用してみよう。今回はそれぞれの使い方を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

まずはデイで動きを確認

私の場合、購入したプラグは必ず日中の視認が効く状況で動きを見る。メバル用とはいってもプラグは高い。今回購入したプラグも1個あたり1000円ほどする。これが「どれくらい飛ぶか」、「どれくらい沈むか」知らないまま夜投げるのは、危険すぎる。特に、メバルはキワをタイトに攻める釣りなので、岸壁引っ掛けロストがよくある。ジグ単ならまだしも、プラグでやると結構落ち込む。ちなみに、デイではまったく魚からの反応はなし。

デイメバルをプラグで攻略しようと思うなら、やはり強力なのはマイクロメタルジグだろう。それもナイトに使うものより、少し重ため、1.5g程度からがいい。動きもキビキビしてアピールが強いし、デイメバルが付くディープレンジを効率的にサーチできる。操作感を持って、地形変化を頭に入れて望めば、ボトムにタイトにいってもほとんど根掛かりはしないはずだ。

プラグでメバリングをしてみよう

ミニクランクは、わりと以前からメバルの釣り方としてあったようだ。私もはるか昔、そういえばバス用のクランクベイトでメバルを釣った覚えがある。あのプリプリした動きが好きなメバルは多いのだろう。これからもっといろいろな製品が出てくると面白い。オープンウォーターに投げて、表層サーチするのにも使える。なかなかいいプラグではないだろか?

ポッパーは今春から夏にかけての、ライトブリーム(フィネス・チニング)でひとつの武器になりそうだと感じている。もともとチヌはトップで釣れる魚で、特にリバーでは水面を割って飛びついてくるらしいが、私のように垂直護岸のキワを狙い目としているライトブリームアングラーのオプションとしても有望だ。もちろんミニクランクも。

そういう意味では、メバル用プラグはいろんな釣りに流用が効いて、なかなかお得である。

『メバリング』ステップアップ解説:ポッパー&クランクベイトの使い方メバルポッパーぜひお試しあれ(提供・WEBライター・井上海生)

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。