今さら聞けないアジングのキホン:ソリッドとチューブラーティップとは?

今さら聞けないアジングのキホン:ソリッドとチューブラーティップとは?

アジングロッドの穂先(ティップ)には「ソリッド」と「チューブラー」の2種類がある。それぞれの特徴と使い分けについて解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

「調子」は触って確認

アジングロッドでは、筆者個人の感覚では、ビギナーにはやや軟らかめに味付けされたソリッドティップを推したい。「UL」と表記があるようなサオだ。アジングは、最初のうちは本当にわからない。アタリをうまく吸収して、とにかく1匹2匹と釣らせてくれる(エキスパートからすれば多少甘いつくりの)ロッドでなければ、とても続かないだろう。

チューブラーやパッツン系ソリッドのロッドは、2シーズン目以降のアジンガーにオススメする。あわせて言うと、ショートレングス化も推したい。5ft台のロッドになると、フッキングレスポンスがきわめてよくなる。また、単純に手に持っていて、非常にラクだ。

今さら聞けないアジングのキホン:ソリッドとチューブラーティップとは?5ft台は豆アジの乗せにも効く(提供:WEBライター・井上海生)

チューブラー、ソリッド。穂先の仕様について紹介してきた。最近はネットでいろいろと見ることができる。けれど、やはり釣具は触ってみないとわからない。自分がどんな釣りがしたいのか、お店でサオを触ってみながらイメージし、スタッフさんに相談して決めよう。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。