今さら聞けないエギングのキホン:釣り方&ポイントに関する用語を解説

今さら聞けないエギングのキホン:釣り方&ポイントに関する用語を解説

エギング用語は横文字で溢れかえっていて、内容が頭によく入ってこないなんてことありませんか?今回はエギングゲームの釣り方やポイントに関するキホン用語を解説!

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・野中功二)

野中功二

伊豆をメインフィールドとするローカルアングラー。エギングメインですが、ジャンル問わず、海山に囲まれ自然に恵まれた伊豆で旬の釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

ポイントに関連する用語

続いてポイントに関連する用語とその意味です。

シャロー

水深が2m程度未満の浅場のこと。5mくらいまでをシャローと認識するアングラーも多いです。

今さら聞けないエギングのキホン:釣り方&ポイントに関する用語を解説シャロー(提供:WEBライター・野中功二)

ワンド

入江や窪み状の地形のこと。流れが緩やかなワンドには遊泳力のないべイトが集まりやすいので、アオリイカが捕食しに集まってくる場合も多いです。

ディープ

水深が深い場所のこと。シャローの反対語。航空写真など沿岸の写真を見ると、色の濃い場所がこの用語に合致すると思います。

今さら聞けないエギングのキホン:釣り方&ポイントに関する用語を解説ディープ(提供:WEBライター・野中功二)

レンジ

深さ、層、タナのこと。トップレンジ(表層)は水面から浅いところ、ミドルレンジ(中層)は中ぐらいの層、ディープレンジ(深層)は深いところです。トップ→トップレンジ→ミドルレンジ→ディープレンジ→ボトムとなります。

横文字は格好いい?

「シャローをランガンしてきたけどアオリイカの反応がなくて、ディープに移動してエギをシャクってフォールさせてたらミドルレンジでアタリがあったよ」

「浅場のポイントを移動して狙ってきたけど反応がなくて、深場に移動してサオを大きく上下に振ってエギを沈ませてたら中層でアタリがあったよ」

……のように、同義の横文字に言いかえていることが多いです!横文字にするとちょっとカッコイイ?そんな風潮があるのかもしれませんね!

<野中功二/TSURINEWS・WEBライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。