沖磯キャスティングゲームで1.8kgハガツオ&アカハタ登場【熊本】

沖磯キャスティングゲームで1.8kgハガツオ&アカハタ登場【熊本】

12月上旬に、熊本県天草市・高浜港から秀漁丸でヒラマサ狙い釣行し、美味な初物の旬ハガツオ1.8kgをキャッチした釣行をレポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

秀漁丸で沖磯へ

釣行当日は、早朝6時30分に天草市・高浜港を秀漁丸で出船!

渡してもらった瀬は馬瀬。なかなか広く、ルアーマンにはいろんな場所を打てる良い瀬だ。

沖磯キャスティングゲームで1.8kgハガツオ&アカハタ登場【熊本】ポイント広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

ルアーを使い分ける

まずはダイビングペンシルを扇状にキャストしながら探るが、反応がない……。「またか……どれだけヒラマサに嫌われているんや(笑)」。潮も左から右に流れて良い感じだが……。

次はシンキングペンシルに替えて、5秒フォールさせた後で引いてくるが、これも反応なし。「もっと流れないとダメか」。

流れがでてくるまでライトタックルで遊ぶことに。使用するルアーは、ガンガンジグブレード40g(イワシ、ゴールド)。昼間の時間帯は、ブレードはシルバーで良いが、マヅメ時やローライト時はゴールドがオススメだ。

1.8kgハガツオをキャッチ

遠投して着水。着底後、ゆっくりロッドを立てて引いてくる。「ん~このラインは底潮利いてないな」。場所と着水地点を替えながらキャストを繰り返し、巻きスピードも変化を付けて引いてくると「ガッ!」「何かきた~!」。

着底後、ゆっくり3回から速巻き2回したところでの、ひったくるようなバイト!「底から切り離した所だからオオモンハタかな?」。

慎重に寄せてくるが、なかなかの抵抗!「ん~ハタじゃない」。時折、ドラグを出しながら走る魚!「振り向いてからの初速がな~、カツオに似ているんだな~」。

足元まで寄せてくると、やはりカツオ!それもうまいハガツオ!無事、タモ入れをしたのは1.8kg!「高浜恒例の冬ハガツオだな(笑)」。

沖磯キャスティングゲームで1.8kgハガツオ&アカハタ登場【熊本】美味な初物をゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

アカハタを追釣

「次も!」と投げ倒すが、アカハタが2~3尾釣れただけで、潮も朝より流れず、結局ヒラマサは不発に終わり帰路へ。

まだまだムラはあるが、反対側の磯ではヒラマサのナブラがあったらしく、高浜沖磯はチャンスがあるかもしれない。

沖磯キャスティングゲームで1.8kgハガツオ&アカハタ登場【熊本】アカハタも釣れた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

シメ方で旨みアップ

魚の打ち身をさけるために、グリップで浮かせたままエラに切り込みを入れ、海中に着けた後、尻尾にも切り込み後に脳ジメ。このやり方だと、魚が暴れて岩にぶつかって出てくる内出血を抑えることができるので、お試しを。

<週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この渡船について
秀漁丸
出船場所:天草市・高浜港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年1月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。