イワシ泳がせ釣りで5kg超え『大判ヒラメ』浮上 孫バリが決め手に?

イワシ泳がせ釣りで5kg超え『大判ヒラメ』浮上 孫バリが決め手に?

関東の沖釣りの冬を象徴するターゲット「ヒラメ」。活イワシを使った泳がせ釣りは、アタリ~ハリ掛かりまでのやりとりが魅力。今回、オーナーばりの赤沼行紀さんと一緒に、泳がせ釣り専用設計の孫バリ仕掛けで茨城鹿島の大ビラメを狙いました。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

長岡丸からヒラメ釣り

広域解禁した12月末、鹿島の長岡丸から出船。同船では11月の部分解禁からこの日までに多くの3kg超えが上がっているので期待できそうです!

ライトタックルの利点を生かして手持ちで狙う人がいたり、置き竿派は3m前後の長い胴調子竿を使っていたり様々ですが、私はどちらにも対応できるように2m前後のグラスロッドに小型両軸リールにPEライン2号を巻いたタックルを用意。

イワシ泳がせ釣りで5kg超え『大判ヒラメ』浮上 孫バリが決め手に?タックル図(作図:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

仕掛けは泳がせ釣り用に設計されている、オーナーばりのツインサポートフックを使ったヒラメ用仕掛け「ツインサポート船ヒラメ」をセット。オモリは80号です。

イワシ泳がせ釣りで5kg超え『大判ヒラメ』浮上 孫バリが決め手に?仕掛けは「ツインサポート船ヒラメ」(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

泳がせ釣りの要「エサ付け」

最初のポイントに到着すると、船長がエサの活イワシを、弱らせないようにそれぞれの水を張ったオケに2、3匹入れていきます。この釣りの要は、何と言ってもこのエサのセッティング。生きたイワシを弱らせずに丁寧かつ素早く行うかで釣果に大きく影響します。

イワシ泳がせ釣りで5kg超え『大判ヒラメ』浮上 孫バリが決め手に?エサ付けの方法(作図:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

孫バリ~親バリ間の長さを調整

まずは親バリをイワシの口から上アゴを通して、孫バリを腹や背中に掛けます。この日のイワシは15cm程度でしたが、生き物なので当然サイズがバラバラということもたまにはあります。そんなとき、この仕掛けは親バリの位置を動かして、孫バリ~親バリ間の長さを調整できるので、エサが不ぞろいでもしっかりとハリ付けできます。

イワシ泳がせ釣りで5kg超え『大判ヒラメ』浮上 孫バリが決め手に?専用設計の孫バリでしっかり固定(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

ハリ付けが簡単

孫バリが特徴的で、3つのハリ先のうち、2本が先出しになっているので、イワシの背もしくは腹に沿ってスッとまっすぐ刺すだけで簡単かつ確実にハリがセットできる優れもの。何度も付け直したりしないでいいので、エサを弱らせず付けることができますね。

イワシ泳がせ釣りで5kg超え『大判ヒラメ』浮上 孫バリが決め手に?エサ付け例(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

次のページで大判ヒラメが登場!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。