イワシ泳がせ釣りで5kg超え『大判ヒラメ』浮上 孫バリが決め手に?

イワシ泳がせ釣りで5kg超え『大判ヒラメ』浮上 孫バリが決め手に?

関東の沖釣りの冬を象徴するターゲット「ヒラメ」。活イワシを使った泳がせ釣りは、アタリ~ハリ掛かりまでのやりとりが魅力。今回、オーナーばりの赤沼行紀さんと一緒に、泳がせ釣り専用設計の孫バリ仕掛けで茨城鹿島の大ビラメを狙いました。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

早々に本命ヒラメ顔出し

「水深25m。底から3m以内で」という船長の合図でスタート。イワシがオケの中で元気に泳ぐ姿を確認し、刺激を与えないよう丁寧に仕掛けを投入します。水圧で弱らないよう、着底までもサミングさせながらゆっくり落とし込み、着底したところでがギリギリ着底しないくらいのタナをキープ。

しばらくすると、イワシがバタバタと逃げ惑い竿先が揺れると、ガツガツガツ!と竿が曲がって、ひと呼吸、ふた呼吸待って……竿先で聞くように、アワせるとハリ掛かり。

水面に姿を現したのは、孫バリがガッチリ掛かったレギュラーサイズ。

イワシ泳がせ釣りで5kg超え『大判ヒラメ』浮上 孫バリが決め手に?まずはレギュラーサイズ(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

すると、隣の赤沼さんにもアタって、ダブルヒット。この流しでは船中のほとんどの人が同級を上げていい調子です。

次も同じくらいのヒラメを釣って、この魚も孫バリがしっかり掛かっていました。

食い渋りにひと工夫

その後は小型が多いからか、なかなかハリ掛かりしないアタリで、エサだけかじられたり食いが浅いようです。

そこで、孫バリの位置を調整して、できるだけイワシの尾の方に掛けて少しでも口に入ったらハリが掛かるように工夫するとヒット。竿先がしっかりと海面に入り込んだところでアワせてフッキング成功。活性に合せてハリの位置を変えられるので試してみては?

2kg超ヒラメ多数

潮止まりになるとアタリが遠のいて移動を繰り返しては、右舷、左舷平等にチャンスがあるよう船長は船を流します。アタリが遠いとついつい竿を動かして誘いを入れたくなってしまうのですが、我慢我慢…。時折イワシの様子を確認する為、仕掛けを上げてチェック。「よし、元気に泳いでる♪」

イワシはウロコが取れやすいので、エサ付けはひと苦労。エサ持ちがいいと、なんども付ける必要が無いので、寒いこの時期は嬉しいです……。

残り1時間。大きく移動し、水深9mの超浅場で再開。「こんな浅場で大きいのが掛かったらめちゃくちゃ楽しそう~!」なんて話していたら……右ミヨシの釣り人に3kg級。ここからはミヨシから順番に竿が曲がり、2kgを超えが連発。

ついに5kg超え大判が!

新しいエサに替え優しく投入。ゆっくり竿先を1m上げるように遠くのヒラメにもアピールして、また仕掛けを底に戻してアタリを待つと…払い出した仕掛けが激しく叩かれ、少し長めにステイさせて、しっかりアワセてフッキング成功。

イワシ泳がせ釣りで5kg超え『大判ヒラメ』浮上 孫バリが決め手に?竿がグングン曲がる(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

ドラグ音が鳴り、重い…。少しドラグを締めながら、暴れさせないよう慎重に巻き上げてネットイン!!

思わず飛び上がって喜んでしまう自身最大級の5.17kg!

イワシ泳がせ釣りで5kg超え『大判ヒラメ』浮上 孫バリが決め手に?大判5.17kg!(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

次のページで大活躍の「孫バリ」の重要性を考える

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。