バス釣りにおけるベイトリール『ギア比』選び方 ルアータイプから考察

バス釣りにおけるベイトリール『ギア比』選び方 ルアータイプから考察

ベイトリールは「ギア比」別でラインナップが多く、どれを選べば良いか迷ってしまうことも。今回は、使用するルアーごとに適切なギア比を紹介しましょう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・川上克利)

川上 克利

身近で楽しめる釣りを主に執筆していきたいと思います。個人的には淡水の釣りが多いですがソルトゲームも手を出します。

×閉じる

その他 お役立ち

ベイトリールの「ギア比」

現在各メーカーからリリースされているリールのギア比は【5.5~8.1】のラインナップが多いです。基本的には、このギア比の幅でどの釣りもカバーできるという事でもあります。しかしながら、ギア比別にラインナップは数多く、ギア比10を超える超高ギア比のモデルまで存在します。

今回は、使用する「ルアータイプ」から適したベイトリールのギア比を考えてみましょう。

クランクベイトに適したギア比

クランクベイトは基本的にはギア比の低いリールが扱い易いとされていますが、この点は個人差が非常に多く、感じ方によってはギア比が高い方が良いとする方もいます。

バス釣りにおけるベイトリール『ギア比』選び方 ルアータイプから考察クランクベイト(提供:WEBライター・川上克利)

筆者個人が扱い易いと感じるギア比は、低めの5.5です。高いギア比のリールでもクランクベイトを扱ったことがありますが、扱い易いと感じたのはギア比の低いリールでした。

ラバージグに適したギア比

ラバージグのような打つシチュエーションが多くなるようなルアーでしたら、ギア比の高いリールがオススメです。打ちの釣りではキャスト数が多くなり、その分手返しも求められるので、ルアー回収の速い高ギア比のリールがオススメです。

バス釣りにおけるベイトリール『ギア比』選び方 ルアータイプから考察ラバージグ(提供:WEBライター・川上克利)

ミノー・巻物ワームに適したギア比

ミノーやワーム類は種類が非常に多く、早く巻いた方が良いアクションをするルアーもあれば、ゆっくり巻かないと威力を発揮しないルアーもあります。その為使用するルアーが絞り切れていない場合は、ノーマルの6.2のギア比を選ぶのが良いでしょう。

バス釣りにおけるベイトリール『ギア比』選び方 ルアータイプから考察ミノー・ワーム(提供:WEBライター・川上克利)

速いピッチでルアーを巻くシチュエーションが多い様だったら少し高めのギア比でも良いですが、ゆっくり巻きたいルアーを巻く時はギア比の低いリールの方が断然巻き易いので、自分の使うルアーを考慮して決めましょう。

フロッグ・カバー打ちに適したギア比

フロッグでの釣りやカバー打ちの釣りでは、ギア比の高いリールが扱い易いです。ギア比が高いリールを使うことで、手返しが良くなるだけでなく、ラインスラッグの回収スピードも速くなります。実際にギア比の高いリールと低いリールを使い分けてみると、その使いやすさには雲泥の差がありギア比の高いリールに分があると感じます。

バス釣りにおけるベイトリール『ギア比』選び方 ルアータイプから考察フロッグ(提供:WEBライター・川上克利)

さらに魚を掛けてからも、ギア比が高いと魚を寄せるのが早く、魚にカバーやストラクチャーへ巻かせることを防げる上にラインテンションのキープにも繋がる為キャッチ率に大きな差が出ます。

次のページで「凡庸性のあるギア比」を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。