鳥羽沖ジギングでブリ族連打 サワラ&ヒラメも登場で笑顔【山洋丸】

鳥羽沖ジギングでブリ族連打 サワラ&ヒラメも登場で笑顔【山洋丸】

青物絶好調の三重県・鳥羽沖のジギング。下がる気温とは裏腹に船上は熱気を帯びる。パワフルなファイトを楽しもうと、鳥羽市本浦から出船している山洋丸を訪れた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:週刊つりニュース中部版・編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

山洋丸でジギング

12月1日、鳥羽市本浦から出船している山洋丸でオフショアジギング。

釣具量販店イシグロのスタッフ10人と、メジャークラフトのヒロセマンこと広瀬達樹さん、同じくメジャークラフトの柴田さん、広瀬さんの友人の小野田さんが同船。

それぞれ準備を終えてから午前6時に出船し、まずは湾内のポイントを目指した。

航程10分ほどで到着。船長の開始の合図で、それぞれ思い思いのジグを投入していく。気がつくと周りには鳥羽のジギング船が数隻。皆朝の時合いを逃すまいと、ジグをシャクる手にも力が入っているようだ。

開始早々に極太サワラ浮上

30分がたったころ、数回の流し直しで左舷からヒットコール。水面近くで走り回って姿を見せたのは、極太のサワラだ。

鳥羽沖ジギングでブリ族連打 サワラ&ヒラメも登場で笑顔【山洋丸】開始早々に上がったサワラ(撮影:週刊つりニュース中部版・編集部)

魚探には多くのベイトが映り、これから連鎖ヒットか…と思われたが、このポイントでは後が続かず、早々に沖のポイントを目指すことになった。

丸々太ったワラサ登場

水深70mラインで再開すると、早速ミヨシでロッドが曲がる。やや強引なファイトで浮かせたのはワラサ。プリプリのグッドコンディションだ。

さらに小野田さんにもヒット。メジャークラフトのフルソリが大きく曲がり、時折ラインも出されている。戸羽伸晃船長のネットインで船上に上がったのは、これまたナイスなワラサ。

鳥羽沖ジギングでブリ族連打 サワラ&ヒラメも登場で笑顔【山洋丸】小野田さんは丸々と太ったワラサ(撮影:週刊つりニュース中部版・編集部)

その後ハマチクラスがポツリポツリとヒットするが、なかなか連鎖とはならない。

ブリ族が連発

潮変わりを迎えて状況の好転に期待したが、食いは変わらず。

だが中盤を迎えたころ、プチ時合いが到来。ミヨシもトモでもヒットが続き、ハマチ交じりでワラサが次々水揚げされていく。

ジグはタチウオパターンのセミロングはあまり良くなく、クイックゼロワンなどのスロー系、TGベイトなどのタングステンショート系、そしてメジャークラフトのファーストジグなどにヒットが続く。

鳥羽沖ジギングでブリ族連打 サワラ&ヒラメも登場で笑顔【山洋丸】中盤の時合いにミヨシでもトモでもヒットが続いた(撮影:週刊つりニュース中部版・編集部)

柴田さん、広瀬さんもこの時合いに、良型のハマチを確保。

鳥羽沖ジギングでブリ族連打 サワラ&ヒラメも登場で笑顔【山洋丸】メジャークラフトの柴田さんのハマチ(撮影:週刊つりニュース中部版・編集部)

ベイトでパターンが大きく変わるのが伊勢湾口のジギングの特徴だが、この日は決まったパターンがなく、ジグは何でも…といった感じだったようだ。

鳥羽沖ジギングでブリ族連打 サワラ&ヒラメも登場で笑顔【山洋丸】メジャークラフトの広瀬さんのハマチ(撮影:週刊つりニュース中部版・編集部)

船中ではマダイにヒラメ、変わったところではオオニベなども上がって、終盤は再び湾内へ。

鳥羽沖ジギングでブリ族連打 サワラ&ヒラメも登場で笑顔【山洋丸】珍しいオオベニ(撮影:週刊つりニュース中部版・編集部)

次のページでは今後の展望を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。