タイラバゲームでアマダイ狙い撃ち 45cm頭に全員安打【大分】

タイラバゲームでアマダイ狙い撃ち 45cm頭に全員安打【大分】

11月下旬、大分・弁天沖でタイラバゲーム。ふたを開けてみれば、全員安打。大満足となった釣行をレポートする。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

弁天沖でタイラバゲーム

11月下旬の午前9時に大分・弁天港を、村山さんの船で出港。原さんと3人でタイラバで高級魚を狙った。

船長の村山さんは、10月28日以来、30cm級のマダイやアマダイ、イトヨリと、毎週画像を送ってきており、直近では11月14日にイトヨリ40cm級2尾、15日にはチヌに40cm級イトヨリ3尾。

いずれもタイラバのみによる釣果の画像であった。船にはGPSを搭載した魚探を持ち込んでおり、最近では釣れる位置が特定できつつあるとのことだ。

タイラバゲームでアマダイ狙い撃ち 45cm頭に全員安打【大分】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

ドテラ流しでスタート

釣行当日も、5号地沖の35mから50mの水深の位置に船を走らせ、パラシュートアンカーを打たず、ドテラ流しでタイラバに挑戦してみる。

原さんは、タイラバ初心者のため、船長が流し方や扱い方をていねいに教えていた。

当日は波も穏やかで、少し雲があったが絶好の釣りびよりとなった。船を固定せずに流していると、最初の2時間は岸から沖にゆっくり流されており、5号地側にイトを垂れて様子を見ていたが、巻けども巻けども3人とも魚信はなく、11時ごろとなった。

ここで海の様子が変わり、船が流されなくなり、いわゆる潮止まりでまったく流れない状態となった。

45cm級アマダイ浮上

その後、流れが変化し、岸の方に船が流されると私のサオにコツコツとアタリが。2時間、何のアタリもない後の貴重な「コツコツ」のため、3人とも様子を固唾(かたず)を飲んで見守る。やがてサオがゴンゴンと海に突き刺さり、リールがジーと音をたてて逆回転する。

この日、初めての貴重な魚だ。逃がすわけにはいかない。船長と顔を見合わせながら、慎重にリールを巻いていく。小さな両軸リールのため、途中で軽い絞め込みを受けながら、しかし心地良い魚の魚信を味わいながら巻き上げる。海の下の方に赤い色をした魚が見える。マダイか?いやアマダイだ。

45cm級のアマダイを船長が素早くすくい上げてくれた。きれいなアマダイだ。大分の弁天沖にこんなきれいな魚がいるとは驚きだ。この近辺でマダイを釣ったことはあるが、アマダイは初めてだった。

タイラバゲームでアマダイ狙い撃ち 45cm頭に全員安打【大分】筆者のアマダイ(提供:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

全員安打で大満足

これを始めとして、いよいよ戦闘モードに入った。船長はイトヨリ40cm級に私と同クラスのアマダイ。

タイラバゲームでアマダイ狙い撃ち 45cm頭に全員安打【大分】村上船長はのイトヨリ(提供:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

初心者の原さんにも40cm級のアマダイにイトヨリ。

タイラバゲームでアマダイ狙い撃ち 45cm頭に全員安打【大分】原さんのアマダイ(提供:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

私にもその後イトヨリと釣れ続けた。小さなイトヨリはリリースし、食べる分だけを港に持ち帰った。

今回は大好きなマダイは釣れなかったが、全員安打となり大変満足のいく釣行となった。今後も海の安全に気を付けながら船釣りを楽しみたい。

タイラバゲームでアマダイ狙い撃ち 45cm頭に全員安打【大分】この日の釣果(提供:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

<週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年12月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。