夜のぶっこみ『アナゴ』釣り 近距離戦で6匹手中【三重・霞ヶ浦ふ頭】

夜のぶっこみ『アナゴ』釣り 近距離戦で6匹手中【三重・霞ヶ浦ふ頭】

11月21日、妻と妻の実家のある三重・四日市市の霞ケ浦ふ頭にアナゴ釣りに行った。本命6匹をキャッチした釣行をレポートしよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

霞ヶ浦ふ頭でアナゴ釣り

11月21日、三重・四日市市の霞ケ浦ふ頭でアナゴ釣り。

名古屋の自宅を午後4時に出発、フィッシング遊・四日市店でアオイソメを購入し、霞ケ浦ふ頭には8時に到着。気温は9度でとても寒い。

釣り場はほぼ満員状態。それでも何とか空きスペースを探し、既に釣っている人の了解を得て釣り座を確保した。

夜のぶっこみ『アナゴ』釣り 近距離戦で6匹手中【三重・霞ヶ浦ふ頭】当日のポイント(作図:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

ヒイカ狙いの人多数

夏より釣り人が多い。ターゲットを周囲の人に聞くと、アナゴ狙いが20%、ヒイカ(ヤリイカ)狙いが70%、セイゴ狙いが10%。狙いものが複数あって堤防釣りは面白い。

釣り場に足を運んでみると、現場の状況がよく分かる。今回私たちはアナゴ狙いだが、ヒイカ釣りも面白そうだ。集魚灯をつけ、シラサエビ+電気ウキ仕掛けかエギで誘うが、ウキ釣りが一番有効のようだ。至る所で集魚灯が点灯しており、幻想的な夜景だ。サイズは全長で8cmくらい。多い人で20杯ほどキャッチしていた。

車横付けが楽ちん

両サイドの釣り人はヒイカを狙っているが、真ん中でアナゴ狙いの投げ釣り(ブッコミ釣り)で妻と2本ずつの計4本のサオを出した。この釣り場はすぐ後ろに駐車できるため、車内からアタリを監視できる。この日は寒く感じたので、妻は車内から、私は外でアタリを待った。

夜のぶっこみ『アナゴ』釣り 近距離戦で6匹手中【三重・霞ヶ浦ふ頭】寒い中アタリを待つ筆者(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

近投で本命アナゴ

投入して20分後にアタリがあったが、仕掛けを上げるとエサだけ取られていた。エサ取りかゲストが食ってしまったようだ。遠投するとアタリはあるがエサだけ取られるため、数mの近場に投入すると、即反応があり1匹目のアナゴをキャッチ。午後10時くらいだった。

夜のぶっこみ『アナゴ』釣り 近距離戦で6匹手中【三重・霞ヶ浦ふ頭】美味しいアナゴキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

計6匹の釣果に

すべて数mの近距離に仕掛けを集中して釣果アップを狙う。やはり近場にアナゴがいるようで、その後は続けてキャッチ。妻と私で計6匹キャッチしたところでエサがなくなり、午前2時に納竿とした。もう少し早い時間から釣り始めていればツ抜けもできたのではないかと思う。

集魚灯の幻影的な風景を楽しみながら、少々寒かったが投げ釣りをのんびり楽しむことができた。車内でアタリを待つことができるため多少寒さをしのげたが、しっかりした冬装備が必要だと実感した。アナゴは次の日の夕食に天ぷらにして食べた。

夜のぶっこみ『アナゴ』釣り 近距離戦で6匹手中【三重・霞ヶ浦ふ頭】アナゴは天ぷらに(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

<週刊つりニュース中部版 APC・石川友久/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
霞ケ浦ふ頭
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年12月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。