年末にかけ「カニ」が高値予想 今年の冬は「フグ」でプチ贅沢が吉?

年末にかけ「カニ」が高値予想 今年の冬は「フグ」でプチ贅沢が吉?

年末が近づくと、イクラやエビ、カニといった高級魚介に対してもついつい財布の紐が緩んでしまいます。しかし、今年はちょっと例年とは値動きが異なる事情があるようです。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

縁起物のカニ

高級魚介類の代表的存在でもあるカニ。年末年始などのいわゆる「ハレの日」になると消費量が増えると言われ、年末になると市場でカニを販売する様子がニュースで取り上げられることもあります。

年末にかけ「カニ」が高値予想 今年の冬は「フグ」でプチ贅沢が吉?焼きガニ(提供:PhotoAC)

最近ではカニも年始の「縁起物」として扱われることがあります。その真っ赤な色合いやVサインに見えるハサミ、沢山の子を抱えて育てる様子がめでたさの感情を喚起するそうです。

「ちょっと贅沢したい」という気持ちをいい感じに刺激してくれるカニ。鍋や焼きガニなど「体が温まる料理」が美味しいのも、寒い時期のごちそうとしてマッチしていますね。

年末はカニが高値予想

しかし、今年の冬はカニはちょっと手にしづらいものになるかもしれません。

先日、大阪市中央卸売市場の卸売会社が、年末商材の今月末の入荷量と相場の見込みを発表しました。それによると、今期は冷凍ガニについて北米などの需要が大きい状態となっており、日本への輸入量は減少が予想されるとのこと。

年末にかけ「カニ」が高値予想 今年の冬は「フグ」でプチ贅沢が吉?冷凍ガニは高騰?(提供:PhotoAC)

その結果としてズワイガニ・タラバガニなどの主要カニ類は軒並み高値となるという予測が出ています。 

一時期は新型コロナウイルスによる高級魚介類の需要減と価格低下が懸念されていましたが、年末商戦においては上記のファクターのほうが影響が大きくなるようです。

養殖フグが狙い目?

カニが値上がりする一方で、養殖魚介類については価格が安定するという予測も出ています。養殖ブリは入荷量ならびに価格は前年並み、もしくは入荷がやや増え、それに伴い価格はやや下がると予想されています。

ブリ同様に高い需要のある養殖カンパチについては、やはり新型コロナウイルスの影響による業務筋への販売減少などのネガティブな要素があり、相場は前年より安く推移する見込みとのこと。

年末にかけ「カニ」が高値予想 今年の冬は「フグ」でプチ贅沢が吉?フグは安くなるかも(提供:PhotoAC)

そして、カニと並び立つ高級食材である「養殖フグ」については、入荷減で価格は前年並み、もしくは入荷は前年並みで価格はやや安いとの見通しが出ています。(『ズワイ、タラバガニ年末値上がりか 大阪の卸予想 養殖魚は値下がり』みなと新聞 2020.12.11)

フグは家庭消費よりも外食店の消費量が遥かに多く、新型コロナウイルスの影響を受けやすい商材なので、流通関係者にとっては気をもむ冬となるかもしれません。

今年は、カニの代わりにフグで贅沢するのも良いかもしれませんね!

<脇本 哲朗/サカナ研究所>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。