大人気『サーフゲーム』を飛距離で制す 青物&フラット2大本命キャッチ

大人気『サーフゲーム』を飛距離で制す 青物&フラット2大本命キャッチ

初冬に最も熱いシーズンを迎える遠州灘サーフ。ヒラメ・マゴチ・シーバスのほか、ブリ級までの青物が押し寄せる。VARIVASフィールドテスターであり、ジャクソンスタッフの井熊亮さんの釣行に密着した。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ラインにこだわり飛距離伸ばす

実釣を続けていると、再びトリヤマが接近。スイング音とともに、表面フッ素加工が施されたラインが、シルキーな音を奏でてジグを彼方に運ぶ。

大人気『サーフゲーム』を飛距離で制す 青物&フラット2大本命キャッチラインは飛距離に大きな影響を与える(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

サーフゲームにおいて、飛距離は需要なポイントのひとつである。キャストの技術はもちろんだが、飛距離の伸びに作用するラインは、サーフマンが妥協してはならない大切なツールだ。

大人気『サーフゲーム』を飛距離で制す 青物&フラット2大本命キャッチ当日井熊さんが使用したライン(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

井熊さんが今回使用しているラインの使用感について尋ねたところ、シルキーな感触はもちろん、ノットを組んだとき、キュッとしまってくれるのを実感できる点が気に入っているという。ノットの完成度、ライン自体の耐久性は、パワフルな青物と対峙するのに欠かせない要素の1つ。

トリヤマの進行方向を読む

さて、行きかうトリヤマに向かってキャストするが、なかなか射程圏内に入らず苦戦が続く。魚の存在を示す指標となるトリヤマだが、井熊さんによると好適なものと、そうでないものがあり、見極めも必要という。

比較的高いところで旋回しているのは、上昇気流に乗って回っているだけのケースが多いという。鳥たちは、高みの見物で待機をしているだけで、必ずしも下に魚がいるとは限らない。

狙い目なのは、低く旋回しているトリヤマで、これに出会えたらしめたものだ。また、アングラーが気になるのが、トリヤマが向かう方向や、離れた場所に出現する新たなトリヤマ。

それを予見するために、井熊さんがヒントにしているのが、群れを抜けてまっしぐらに別方向に向かう鳥の存在。

離れた場所に、ベイトの群れを見つけた個体が、こういう動きをするケースがあるという。この鳥の動きを見れていれば、トリヤマの進行方向や次にボイルする場所を予見することも可能だ。

トリヤマ狙い撃ちでヒット

さて、トリヤマの話に偏ってしまったが、話を実釣に戻す。その後もチャンスはあったが、惜しくもキャッチには至らず。潮止まりが迫りつつあった。

一旦ポイントを移動することになり、私たちが車に戻って片付けを始めた刹那。右斜め前の沖に低空で旋回するトリヤマを発見。私たちは一目散にサーフに駆け戻る。すでに先行者がいたが、挨拶を交わして空いたところに入座。井熊さんがフルキャストした一投目、ガツンとロッドが曲がると同時に、ヒットを伝える声が響く。

大人気『サーフゲーム』を飛距離で制す 青物&フラット2大本命キャッチロッドが弧を描く(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

メタルジグでイナダ登場

丁寧なやり取りのすえ、サーフに横たわったのは狙いのイナダ。土壇場の逆転打に、井熊さんと私はハイタッチで喜びを分かち合った。ヒットジグは今年新発売されるジャクソンのメタルエフェクト・ステイフォール、30gのプロトカラーだった。

大人気『サーフゲーム』を飛距離で制す 青物&フラット2大本命キャッチお題のイナダをキャッチ!(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

次のページでフラットフィッシュ狙いに転戦!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。