大人気『サーフゲーム』を飛距離で制す 青物&フラット2大本命キャッチ

大人気『サーフゲーム』を飛距離で制す 青物&フラット2大本命キャッチ

初冬に最も熱いシーズンを迎える遠州灘サーフ。ヒラメ・マゴチ・シーバスのほか、ブリ級までの青物が押し寄せる。VARIVASフィールドテスターであり、ジャクソンスタッフの井熊亮さんの釣行に密着した。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

遠州灘でサーフゲーム

現地を訪れたのは12月11日、夜明けとともに井熊さんらとサーフに立つ。ターゲットは青物をメインに、フラットフィッシュも併せて狙っていく作戦だ。

長大な遠州灘を形成する渥美半島南岸のサーフのなかで、事前情報に基づいて井熊さんが選んだのが、豊橋市のインデックスビーチ。渥美半島の付け根にあたる場所だ。

当日の井熊さんのタックルは、ロッドがジャクソンのサーフ・トライブ9062L-P+、リールがシマノ・バンキッシュ4000XG、ラインはバリバス・マックスパワーPEX8(ライムグリーン)の0.6号、リーダーは、同じくバリバスのシーバスショックリーダー(フロロカーボン)12lbとした。

大人気『サーフゲーム』を飛距離で制す 青物&フラット2大本命キャッチ豊橋市のインデックスビーチへ(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

海鳥旋回でファーストヒット

まずは朝のうちに青物の顔を見るべく、ジグをキャストしていく。夜が明けると同時に、私たちの正面の沖でクルクルと海鳥が旋回し始める。

胸が高鳴るなか、期待に違わず井熊さんのロッドが弧を描き、激しく躍動している。派手な首振りの主は、おそらく青物だ。しかし、当日のファーストフィッシュは惜しくもフックアウト。食いが浅かったようだ。

大人気『サーフゲーム』を飛距離で制す 青物&フラット2大本命キャッチ沖で海鳥が旋回(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

ヒット引き出す「黒豹ジャーク」

ヒットパターンを聞くと、100mほどキャストしたあと、「黒豹ジャーク」で誘い始めてすぐヒットしたとのこと。「黒豹ジャーク」とは3ピッチジャークを入れたあと、ジグを少しフォールさせるコンビネーションジャーク。井熊さんが編み出した技で、多彩なフィッシュイーターに効果がある。

大人気『サーフゲーム』を飛距離で制す 青物&フラット2大本命キャッチ黒豹ジャークで攻める井熊さん(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

次のページでは『飛距離』が出るラインとは?

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。