沖堤防フカセ釣りで『寒グレ』連打 30cm級が中心【兵庫・垂水一文字】

沖堤防フカセ釣りで『寒グレ』連打 30cm級が中心【兵庫・垂水一文字】

明石海峡にほど近く激流で知られる兵庫・垂水一文字へグレ釣りに出かけた。フカセ釣りで、波止では良型と呼べる30cm超のグレをキャッチできた釣行をレポート。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・小橋勇飛)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

垂水一文字でフカセ釣り

晩秋を迎えて水温も低下し、グレの釣果が期待できるシーズンに入った。水温が下がり出し、厄介なエサ取りたちに邪魔をされずにグレを狙うことができる。グレの数釣りが期待できるため、フカセ釣りを始めるにはベストシーズンである。

今回はフカセ釣り初心者でも快適に釣りができ、さらに30cm前後の数釣りが楽しめる兵庫・垂水一文字へ釣友2人と釣行してきた。

11月末、朝6時の出船に間に合うよう、5時に垂水漁港に到着。渡船乗り場のある漁港内が有料駐車場となっていて、1日600円で利用できる。駐車場は24時間営業ではないため、早く着きすぎると、駐車場には入れないので気を付けていただきたい。

垂水一文字の釣り座

渡船乗り場に受け付けがあり、ここで料金を支払い乗船する。港から5分の垂水一文字の船着き場は西側と東側の2カ所である。今回私は西側を選択した。港(内)向きは平坦なケーソンで釣りやすいが、沖向きはテトラになっている。沖向き、港向きどちらでもグレは釣れるが、テトラは足場が悪いため、初心者の人は足場の良い港向きをオススメする。

沖堤防フカセ釣りで『寒グレ』連打 30cm級が中心【兵庫・垂水一文字】沖向きはテトラ帯となっている(提供:WEBライター・小橋勇飛)

30cm級グレが連発

一文字へ到着し、早々に準備を済ませて釣りを開始する。まずは、沖向きからスタート。エサを撒くと大量のスズメダイがエサに群がる。やや遠投で狙うと早々に25cmほどのグレがヒット。手前にスズメダイ、コッパグレを集め、さらに遠投で狙うと、道糸がバチバチと弾かれヒット。

激流で育った垂水一文字のグレは良く引くため、やり取りも楽しめる。なかなかの重量感で良型と確信。テトラに入ろうとするところをやや強引にやり取りをし、浮かせたのは垂水一文字では良型の部類に入るグレ。慎重にタモですくいキープサイズのグレを確保した。

沖堤防フカセ釣りで『寒グレ』連打 30cm級が中心【兵庫・垂水一文字】良型のグレをキャッチ(提供:WEBライター・小橋勇飛)

グレの活性は高く、朝イチから遠投、浅層パターンで25~30cmのグレが連発した。しかし、10時頃から潮が緩み、グレの活性が落ちた。遠投しつつ、しっかりとまきエサとさしエサを同調させなければ食ってくれないため、テクニカルな釣りが求められた。

次のページは釣り座変更でグレ追釣!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。