ライトゲームのリーダー「2大結束法」比較 3.5ノット・FGノット

ライトゲームのリーダー「2大結束法」比較 3.5ノット・FGノット

今回はライトゲームで中心に使われる「3.5ノット」と、ショアでもオフショアでも最強レベルの結束「FGノット」でタイムアタック&強度を比べてみた。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

結束強度は?

今回使用した0.4号のPE本線は、少し特殊なラインで12lbとかなり強めの張力限界5kg程度。ちょうど私のリールのドラグもフルロックすると5kg。そこで、8lbのリーダーの先をベッドの足に結束して、引っ張ると、3.5ノットFGノット、どちらも本線の上で高切れした。

そして、そこまで強度も変わらず。やや3.5ノットの方が切れるのは早く、FGノットの方が強いが、確実に本線の上で高切れする。また、結束部分と本線上で同時に切れるという現象も起きた。

ライトゲームのリーダー「2大結束法」比較 3.5ノット・FGノットライトラインでは高切れは仕方ない(提供:WEBライター・井上海生)

極細PEラインには、このようにリーダーの強度と合わせてどう考えても本線の方が強い設定でも、なぜか高切れしやすい傾向にある。これはもう、見た目の細さが、そのまま弱さとしか感じられないような、ちょっと理屈では分からないところがある。

ライトゲームでは3.5ノット推奨

私的な結論を述べると、ライトゲームで、根にいってしまうと、ノットブレイクは当たり前である。リーダーが戻ってくると、「え?」と一瞬奇妙な気さえする。やはり時間がかかる上にライトラインでは高切れしやすいFGノットはせず、簡単に結べる3.5ノットで軽快に釣りたい。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。