都会のド真ん中で船ハゼ釣り 良型中心に43尾手中【東京・深川冨士見】

都会のド真ん中で船ハゼ釣り 良型中心に43尾手中【東京・深川冨士見】

今回は、「落ちハゼを釣りたいなあ」と思い、11月26日(木)、東京湾・門前仲町の深川冨士見からハゼ釣りを楽しんできました。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版・杉田千紘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

深川富士見で船ハゼ釣り

みなさんこんにちは。杉田千紘です。

深川富士見のハゼ釣りは気軽に楽しめて、手ぶらで挑戦できるのが魅力です。私も今回はレンタルタックルで電車釣行です。

都会のド真ん中で船ハゼ釣り 良型中心に43尾手中【東京・深川冨士見】富士見船着場略図(作図:週刊つりニュース関東版・杉田千紘)

借りたのは中通しタイプの専用竿。リールを使わない竿は初体験です。バリバス「ハードトップ船ハリス」1号に袖バリ7号をセットしたシンプルな仕掛けを用意。このハリスは、潮なじみがとてもいいのでこの釣りに最適です。

目標はハゼ40尾

7時半に出船。近場のポイントとは聞いていましたが、まさかの航程3分で到着。都会の真ん中でスタートです。船でのハゼ釣りは2回目で、前回は35尾。目標を40尾にして「さあ、がんばるぞ!」

都会のド真ん中で船ハゼ釣り 良型中心に43尾手中【東京・深川冨士見】航程3分、都会の真ん中で楽しみました(提供:週刊つりニュース関東版・杉田千紘)

最初は竿の使いかたやイトの扱いかた、取り込み方法で苦戦してしまいましたが船長の分かりやすいレクチャーで、少しずつ流れをつかむことができました。付けエサの青イソメ2匹を房掛けにして、タラシは5cmほどにします。水深は4m前後で、竿がやや下向きになるようイトを調整してアタリを待ちます。

都会のド真ん中で船ハゼ釣り 良型中心に43尾手中【東京・深川冨士見】付けエサは青イソメを使います(提供:週刊つりニュース関東版・杉田千紘)

船長のアドバイスで1尾目手中

するとアタるアタる。ブルブルブルと、すぐに反応はあるのです。でも掛けられない。難しい…

周囲のベテランは2本竿ですいすいと仕留めています。「何が違うのだろう?」と、マネしてもだめなのです。奥が深いなあ。

船長にアドバイスをお願いすると「アワセが弱いかな。即アワセで、竿先をクイッと立たせるイメージでやってごらん」と教えてもらったのでその通りにやってみます。

すると、掛けることができました。嬉しい。少し分かってきたような気がします。どんな釣り物でも同じですが、1尾釣れると安心します。アタリがあるのに掛けられない時間は苦悶でした。

都会のド真ん中で船ハゼ釣り 良型中心に43尾手中【東京・深川冨士見】いいサイズが釣れました~(提供:週刊つりニュース関東版・杉田千紘)

16cm良型ハゼ顔出し

そこからはポツリポツリと数を伸ばしていけました。なかには16cmを超える良型が飛びだして、以前に来たときよりもいいサイズのハゼが顔を出します。

隣に座ったベテランが「きょうのはほとんどが天ぷらサイズだね。こんないい日なかなかないよ」と教えてくれました。どうやらラッキーな日に当たったようです。サイズがいいのでアタリも引きもダイレクトに感じられてとっても面白いです。

都会のド真ん中で船ハゼ釣り 良型中心に43尾手中【東京・深川冨士見】良型主体でした(提供:週刊つりニュース関東版・杉田千紘)

次のページで最終釣果を発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。