「メタルルアー」でメバリング ジグヘッドに尺級メバルも【大阪南港】

「メタルルアー」でメバリング ジグヘッドに尺級メバルも【大阪南港】

大阪南港へ今冬初のメバリングに出かけた。若干渋かったが開幕していて、ちょっと信じられないようなパターンで反応が…。尺級のメバルも登場!

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港でメバリング

11月29日、20~22時の釣行で大阪南港に向かった。この日は大潮の下げに当たり、晴れで竿を出した釣り場は風裏のため無風。下げ潮だが、やりやすいコンディションだ。ロッドは6.4ft、2000番のリールにPEライン0.3号。アジングタックルを流用してメバリングを開始する。

前のシーズン、尺前も連発した大阪南港の「確実なポイント」に入ったがジグ単で反応しない。まだシーズン前か?ここで反応しなければ、メバルはいないということだ。すでに夕マヅメにはキビレも取り込み、一応満足した私だった。早々に引き上げようとして、ふと閃いた。

メタルバイブで本命

もしかすると、まだ魚がコースに甘いのかもしれない。シーズン序盤にはたまにあることなのだ。波止際にベタッと付かない。そこで、コースを変更する。ワーミングをやめて、思い立ってメタルを投げてみた。

すると、その初投で反応。20cm弱のまあまあの型だ。泉南で小型は釣ったが、狙ってメバルを釣ったのは、これが初。まさかその口開けがメタルとなるとは思いもしない。

「メタルルアー」でメバリング ジグヘッドに尺級メバルも【大阪南港】メタルルアーで釣れた今季初メバル(提供:WEBライター・井上海生)

ハードルアーで魚が釣れてくれると、やはり喜びは大きい。しかも連発した。メタルバイブをやめ、マニュアルのメタルをやはりコースに甘く打って、タダ巻きで2尾追加できた。

「メタルルアー」でメバリング ジグヘッドに尺級メバルも【大阪南港】さらに2尾を追加できた(提供:WEBライター・井上海生)

ジグヘッドで尺級メバル

潮がほぼなくなってきたところで、0.4gのノーマルシャンクヘッドに2.2inchのワームを投入し、デッドスローリトリーブで尺メバルがきた。計測すると、まあ微妙に30cmに届いているかいないか……だが、何にせよ大型だった。

「メタルルアー」でメバリング ジグヘッドに尺級メバルも【大阪南港】30cm級の大型メバルは抱卵個体(提供:WEBライター・井上海生)

しかし、引き味はたいしたことがない。というのも、このメバルは抱卵個体だった。抱卵個体のメバルは、なぜかあまり引かないのだ。ただ、この日釣れたメバルは、ほぼすべて抱卵個体で、食味は抜群だった。別の記事で詳述したい。

潮止まりはワームで

メタルでしか釣れないなんて…と序盤は思いかけたが、潮止まりになってからワームが効くという謎パターンが出た。これは私も初めての経験だ。ただ、食ってきたのはすべて2inch級の大きなワーム。何か理由があるのだろう。マッチ・ザ・ベイト、というより、メタルのリトリーブに好反応したように、波動が大きくシルエットがはっきりしたものが、この日のメバルの気分だったのかもしれない。

ただ、例年のシーズナルパターンからいえば、これは異例といえば異例である。だいたい開幕当初は、1.5inch級のワームで数を釣るのが本来のメバリングだ。激スレエリアの大阪南港でもそれは同じで、今年はアジもタチウオもほぼいなかったりと、ちょっと分からない海だ。

アジ&サバも登場

釣っているうちに、アジが1匹釣れた。小さい。メバルの引きと比べると、ピチピチとした弱々しい典型的な豆アジの引きで、久々にエステルでなくPEラインで釣ったので、おそるおそる巻いてきて手前バラシを防げた自分は、なかなかナイスだったと思う。

「メタルルアー」でメバリング ジグヘッドに尺級メバルも【大阪南港】豆アジが登場(提供:WEBライター・井上海生)

そして、どういうわけか気まぐれにキャストした、バスタックルに2inchバスワームのリトリーブにサバが食ってきた。ただ、群れていないらしく、アジとともに2尾目は続かない。

「メタルルアー」でメバリング ジグヘッドに尺級メバルも【大阪南港】サバがヒットしたが単発(提供:WEBライター・井上海生)

次のページで当日の釣りを考察!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。