【関東2020】ヒラメ狙いスロージギング初心者入門 タックル&釣り方

【関東2020】ヒラメ狙いスロージギング初心者入門 タックル&釣り方

秋が深まり海水温が下がり始めると、関東周辺の海ではいろいろな釣りモノが開幕する。その中でも、特に人気があるヒラメ狙ったスロージギングを紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・横島敏弘)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

基本の釣り方

エサ釣りに同船させてもらうことが多いので、電話予約時に「ジギングをやりたい」と伝えること。ヒラメ船は片舷で流す事が多い。

(1)船が流れる方向に軽くキャストしてボトムをとる。
(2)ジグが着底したら素早く3~5ジャークしてベイトが逃げる演出をしてヒラメに興味をいだかせる。
(3)1mほどシャクリをいれたら80~90cm落とす。
(4)7~8回、(3)を繰り返す。
(5)アタリがなかったら再びジグをボトムに落として(2)~(4)を繰り返す。

釣り座から扇型に狙うイメージ。ヒラメは自分の目先から逃げて行く物に強く興味を示す習性があり、それを利用してジグを追わせてヒットに持ち込む。しかし、青物のように捕食行動エリアが広くないので、ジグを上げるアクションで興味を持たせて、フォールで口を使わせよう。

【関東2020】ヒラメ狙いスロージギング初心者入門 タックル&釣り方信頼性の高いフック&ライン(提供:週刊つりニュース関東版 APC・横島敏弘)

いよいよ本格的なシーズンが開幕したヒラメ釣り。エサ釣りは楽しいが、メタルジグで狙ってみるのも面白いだろう。

【関東2020】ヒラメ狙いスロージギング初心者入門 タックル&釣り方スロジギに挑戦してみよう(提供:週刊つりニュース関東版 APC・横島敏弘)

<週刊つりニュース関東版 APC・横島敏弘/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年11月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。