今さら聞けないメバリングのキホン:代表的『ジグヘッド』3種の選択術

今さら聞けないメバリングのキホン:代表的『ジグヘッド』3種の選択術

ジグヘッドは用途に合わせた形状も重要だ。ジグ単(ジグヘッド単体)で展開するメバリングの釣り方は、3種類。それぞれの用途に最適なジグヘッドを用意して釣りにいこう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

オールラウンダーは?

上述の三つの釣り方に使えるジグヘッド、オールラウンダーがあるかというと、私個人としてはフォール型ヘッドだと思う。しかも、ご覧のように少しヘッドの先が尖った、アジング用のジグヘッドだ。

今さら聞けないメバリングのキホン:代表的『ジグヘッド』3種の選択術少しヘッドの先が尖ったジグヘッド(提供:WEBライター・井上海生)

若干浮き上がりやすいきらいがあるが、意識すれば、スローリトリーブもできる。そしてダートアクションも、この形状なら比較的きれいにできる。そしてオープンゲイブが、抜群のショートバイト対応力を発揮して、渋い状況の打開にも効く。

注意点としては、やはりリグの浮き上がり。そして、刺さりのいいオープンゲイブゆえの岸壁引っ掛け、ストラクチャー引っ掛け。リグが水中の「どこにあるか」は常に意識したい。

形状の次は「重量」を意識

用途別のジグヘッドの形状が理解できたら、次は、重量を意識したい。いや、実はメバリングにおけるジグヘッド選定で何よりも大事なのは、重量だ。「とにかく軽く」が基本だが、それも状況に絡めながらベターなものをチョイスし、形状と合わせて使いこなしたい。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。