【釣果レシピ】手軽に作れる「イナダの漬け丼」 お茶漬けにもオススメ

【釣果レシピ】手軽に作れる「イナダの漬け丼」 お茶漬けにもオススメ

秋の人気ターゲット・イナダが盛期を迎えています。今回はこのイナダを使った美味しい「漬け丼」の作り方を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡出身の釣り大好き人間。エサ釣り、ルアーフィッシング問わず様々な釣りを楽しんでいます。陸っぱりがメインですが、最近船釣りに目覚めました。レシピやお役立ち情報も発信していきますのでよろしくお願いします。

×閉じる

その他 レシピ

人気ターゲット「イナダ」

イナダはブリの若魚で、同じサイズでも地域ごとに呼び名が異なるのが特徴です。関東近辺ではイナダと呼びますが、関西ではハマチ、四国ではヤズと呼ばれます。陸っぱりからも狙える人気のターゲットで、サイズは手ごろながらも青物らしい強い引きが魅力です。

食材としても重要な魚で、スーパーの鮮魚売り場ではお刺し身や1匹丸ごと売られているのを見かけます。サイズが大きなワラサやブリよりも安価ですが、生食はもちろん、様々な料理に使える便利な魚です。

【釣果レシピ】手軽に作れる「イナダの漬け丼」 お茶漬けにもオススメ様々な料理にできる便利なイナダ(提供:WEBライター・杉本隼一)

イナダは、成長したワラサやブリに比べて脂が少なく、お刺し身ではさっぱりしすぎて物足りなく感じることも。そんな時には、お刺し身を「漬け」にしてみましょう。簡単に作れて、ご飯も進む筆者オススメの調理法です。脂が少ないので揚げ物にもオススメで、竜田揚げはご飯のおかずにもピッタリですよ。

イナダの下処理

美味しい漬け丼を作る前には、しっかりとした下処理が重要です。

釣り場での処理&持ち帰り方

イナダを釣ったら釣り場でしっかり「血抜き」をするのがポイント。血抜きをするかしないかで、身の臭みや鮮度の落ちやすさにも影響します。釣り場から自宅まで時間が掛かる場合は、内臓とエラを取り除いておくと尚良いでしょう。

【釣果レシピ】手軽に作れる「イナダの漬け丼」 お茶漬けにもオススメ釣り場でしっかり血抜き(提供:WEBライター・杉本隼一)

処理が終わったら氷水や保冷剤が入ったクーラーボックスで冷却して持ち帰ります。このときに、ビニール袋などでイナダを包んでから冷やすことで、クーラーボックスの中が汚れにくく、冷えすぎによる氷焼けの防止にもなるのでぜひ参考にしてみて下さい。

イナダをさばく

持ち帰ったイナダは3枚おろしにしてから、皮と骨を取り除いてお刺し身用のサクにします。

【釣果レシピ】手軽に作れる「イナダの漬け丼」 お茶漬けにもオススメ頭を落とす(提供:WEBライター・杉本隼一)
【釣果レシピ】手軽に作れる「イナダの漬け丼」 お茶漬けにもオススメ3枚におろす(提供:WEBライター・杉本隼一)

よく研いだ包丁を使って、包丁ではなく魚を動かすイメージで皮を引くのがコツです。大きめのイナダは血合いと一緒に骨を取り除くと作業が早くて効率的です。

【釣果レシピ】手軽に作れる「イナダの漬け丼」 お茶漬けにもオススメ魚を動かすイメージで皮を引くのがコツ(提供:WEBライター・杉本隼一)
【釣果レシピ】手軽に作れる「イナダの漬け丼」 お茶漬けにもオススメ骨を抜く(提供:WEBライター・杉本隼一)
【釣果レシピ】手軽に作れる「イナダの漬け丼」 お茶漬けにもオススメ血合いと一緒に骨を取り除くと作業が早い(提供:WEBライター・杉本隼一)

次のページで「イナダの漬け丼」のレシピを紹介!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。