今さら聞けないメバリングのキホン:『バスロッド』は流用できる?

今さら聞けないメバリングのキホン:『バスロッド』は流用できる?

冬はオフともいえるバサーにとって、「波止で簡単に出る」と言われるメバルは、魅力的なターゲットだろう。ほぼそのままタックルが流用できるので、いつもの装備で海へGOだ。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

LかUL調子のバスロッド推奨

メバルのアタリは小さい。バスのような大型魚ではなく、良型で20cm前後なので、ブルーギルのアタリと考えてもらうといい。このバイトを乗せるためには、なるべく軟らかいロッドを使い、メバルのアタリをうまく吸収したい。

そこで持ち出してくるのは、バスロッドのL調子、UL調子といったサオだ。特にULの軟らかさであれば、手になじんだバスタックルで、むしろ専用タックルを買い足すよりもラクにメバリングができる。

レングスはバスロッドならば自動的に6ft台に収まるだろう。この長さもまた、漁港のメバリングには適する。水面との距離が近ければ、専用ロッド7ft台より、ショートロッドの6ft台の方が、キャスト後、サオを下げて釣るコースを作りやすい。

今さら聞けないメバリングのキホン:『バスロッド』は流用できる?波止ならキャスト後のコースとりはショートレングス有利(提供:WEBライター・井上海生)

ドラグ調整はこまめに

調子のサオは、メバリングをするには、若干硬い。そこを、ドラグで補う。緩めに設定しよう。UL調子のサオは、専用ロッドとティップの加減が遜色ない。そこで、掛けて少し遊ばせる程度の、ラインをちょっと強めに引っ張れば出ていく程度のドラグに設定する。

ただ、バスロッドをメバリングに流用する際の全般に言えることだが、メバル専用ロッドと比べてバスロッドはベリーからバットが強靭だ。メバリングに使うには、少々無神経といってもいい。バスの抜き上げまで想定して、そういう設計になっているのだから、それは仕方ない。

つまり、ティップで乗せても、一瞬で勝負が決まることもあれば、逆にベリーの硬さで弾いてしまうことがある。よって、その部分もリールの機能で補うために、一度決めたドラグから「もう少し弱め」に設定した方がキャッチ率アップに繋がる。「乗せ切れない」「バラシが多い」そういうときには、そのときその場所のメバルのサイズ、機嫌、バイトの出方に違いもあるので、ドラグをこまめに調整しよう。

なるべく細めのラインを

いわゆる「小魚」を相手にする釣りなので、当然ラインは細くした方がメバルの口に合わせやすい。メバリング専用のライン設定となると、本当はPEライン0.3号、フロロカーボンライン1.5lb、エステルライン0.3号程度が基準だ。

しかしバサーは、いかにフィネスでやっていても、フロロカーボンライン4lb程度までだろう。ただ、フロロカーボンライン4lbくらいの細さがあれば、まったく問題はない。少なくとも1匹釣るのには苦労しないはずだ。PEラインを使用する場合、0.6号程度までの太さなら、専用の細さと遜色なく取れる。バサーはテクニカルな釣り方を知っている人が多いので、腕で補える部分も多い。

問題となるのは、リグとの重量とのバランス、そして何よりも「狙いどころ」だ。

徹底して「表層」を意識

活性が高いナイトメバルを想定して釣り方について紹介する。夜のメバルのレンジは、ほとんどすべて「表層」だ。0カウント、5カウントというレンジにいる。そして付き場所は、波止のキワ、またはストラクチャーにタイトだ。そのような場所の「表層」を攻める。

根魚なので、ボトムにいると思いがちだが、メバルは夜になるとレンジが浮く、まあ珍しい根魚であるともいえる。とにかく徹底して「表層」を意識するため、リグも相当軽くする。バスの仕掛けをそのまま流用するならば、ノーシンカーでなるべく小さめのフック、ソルト入りワームの2inchがちょうどいいかもしれない。そしてスローリトリーブ、またはバス界で「ミドスト」と呼ばれているような表層ドリフト釣法でいく。

ただ、やはりリグの部分に関しては、特に「ジグヘッド」だけはメバル専用品を買った方がいい。魚の口に合わせた小さいサイズのフックの方が、圧倒的に乗せ率が上がる。ジグヘッドの重さは、バスに使っているPEライン0.6号前後をそのまま持ってくるならば、やや太めなので、その「浮力」を生かして1.5g程度だろうか。フロロは逆に沈むので、ジグヘッド0.8gくらいまで落とす。

今さら聞けないメバリングのキホン:『バスロッド』は流用できる?ジグヘッドは専用品を(提供:WEBライター・井上海生)

ここまできれいに設定すると、特にUL調子のサオならば、数釣りもできるはずだ。

バサーもメバリングへ

実は私は「タチウオ、釣れなければメバル」という気分のときは、バスロッドML、PEライン0.5号という設定で、かなりメバルが獲れている。メバリングはそれくらい、特に「ドラグ」と「ジグヘッド」の設定でタックルを選ばず獲れてしまう魚だ。バサーも専用ロッドを買い足す必要はない。「とりあえず」という感覚でジグヘッドと2inch級ワームを持って、漁港のキワをスローリトリーブしてみよう。

今さら聞けないメバリングのキホン:『バスロッド』は流用できる?タチウオときどきメバルタックルでも釣れる(提供:WEBライター・井上海生)

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。