船でのジギングで10kgヒラマサ&60cm級オオモンハタ浮上【シーズナル】

船でのジギングで10kgヒラマサ&60cm級オオモンハタ浮上【シーズナル】

10月下旬、長崎県佐世保市発のシーズナルからジギング釣行。良型ヒラマサ筆頭に、大型オオモンハタまで登場した釣行の模様をお伝えしたい。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

10kg超「デカマサ」強引

期待に胸を膨らませ再び船を着けなおし、流していく。すると再び同行者のドラグが唸った。一気にイトを出されるが魚のダッシュを耐え一気に巻き上げる。慎重かつパワフルにファイトしていくと海中に魚体が見えた。かなり良いサイズのヒラマサだ。

最後のダッシュに気をつけながらランディング。上がってきたのは10kgオーバーの大型ヒラマサだった。

船でのジギングで10kgヒラマサ&60cm級オオモンハタ浮上【シーズナル】クーラーも賑やかだ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

最後のチャンスに良いヒラマサをキャッチでき、船上は盛り上がった。そしてちょうど潮止まりを迎えたのでそのまま納竿となった。これから秋が深まっていく海。釣果にまた期待である。

<週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Seasonal(シーズナル)2号艇
出船場所:相浦港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年11月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。