船でのジギングで10kgヒラマサ&60cm級オオモンハタ浮上【シーズナル】

船でのジギングで10kgヒラマサ&60cm級オオモンハタ浮上【シーズナル】

10月下旬、長崎県佐世保市発のシーズナルからジギング釣行。良型ヒラマサ筆頭に、大型オオモンハタまで登場した釣行の模様をお伝えしたい。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

シーズナルでジギング

10月下旬、長崎県佐世保市発のシーズナルからオフショアジギング釣行。

釣行当日、この日は午前6時30分に出港した。メインターゲットはヒラマサ。ジギングでの攻略戦を展開していく。港を出て船を1時間30分ほど走らせポイントへ到着。

船でのジギングで10kgヒラマサ&60cm級オオモンハタ浮上【シーズナル】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

ポイントの水深は60~75mほど。潮の速いポイントで、潮の大きい日は4ノットほども流れる。現場に着いたときのタイドグラフは下げ初め2時間ほどであったが、まだまだ上げの潮が押していた。沖の潮はタイドグラフとずれが生じることが多く、このポイントは3時間ほど時差がある。

船をポイントの潮上に着け流していく。ジグを落としシャクる。反応がなければまた再びジグを底まで落としシャクリ上げていく。3回ほど底を取りなおしたところで私のサオが曲がった。

幸先よく6kgヒラマサ

魚が掛かった途端、一気にサオが絞られていく。ヒラマサだ。根にこすられないように一気にイトを巻き上げていく。力強くかつ慎重にやり取りし魚の顔を拝むことができた。

船でのジギングで10kgヒラマサ&60cm級オオモンハタ浮上【シーズナル】良型キャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

上がってきたのは6kgほどの良いヒラマサだった。好調の出だしに船上は盛り上がった。

イサキ&マダイも登場

その後、ひとしきり流したところで潮が緩んできたのでポイントを移動した。次は最初のポイントに隣接する下げ潮が効く場所だ。瀬の潮上に船を着けて流していく。狙っていると再び私のサオが曲がる。またしても強引だ。

しっかりドラグを止めて巻いていくが、再び走られたところでラインブレイク。良いサイズのヒラマサを逃がしてしまった。1尾目を釣り上げた後にラインを結びなおしていなかったことも原因だろう。ビッグワン狙いの釣りは、こまめなイトの結びなおしが必要だと再確認した。

その後、船を瀬の潮上に着けなおして船を流していく。すると、今度は同行者にヒット。青物だ。魚の走りを見る限りヒラマサに間違いない。同行者も力強くかつ慎重にファイト。上がってきたのは4kgほどのヒラマサだ。

船でのジギングで10kgヒラマサ&60cm級オオモンハタ浮上【シーズナル】良型ゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

その後、イサキ、マダイ、根魚を追加したところでポイントを大幅に移動することにした。

60cmオオモンハタ浮上!

次のポイントでは3kgほどのヒラマサ、アオナ、マダイなどを追加した。下げの潮も弱まりを見せ、次が最後のポイントだ。

船を潮上に着け流していく。すると、同行者2人のサオが曲がった。魚が掛かったと同時にドラグが鳴る。青物かと思ったがすぐに観念した。上がってきたのはオオモンハタ。片方は60cmほどある良型のオオモンハタだった。

船でのジギングで10kgヒラマサ&60cm級オオモンハタ浮上【シーズナル】60cmオオモンハタ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

いい反応が得られたので再び船を着けなおし流していく。すると同行者のドラグが一瞬とてつもなく鳴ったがすぐにフックアウト。おそらく、かなり良いサイズのヒラマサだっただろう。

次のページでトドメの「デカマサ」浮上

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。