秋の『デイナマ』は『トップゲーム』で数釣り好機 4時間で4バイト

秋の『デイナマ』は『トップゲーム』で数釣り好機 4時間で4バイト

今や周年楽しめるとも言われるナマズ釣りだが、秋こそベストシーズンと唱えるナマズアングラーが増えている。本当かどうか実釣してみて感じたことをレポートしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・山根央之)

怪魚ハンター 山根央之

近所のナマズから海外の巨大魚まで狙ったら必ず釣りあげる怪魚ハンター。20ヶ国以上を渡航し出会った魚は数百種にのぼる。

×閉じる

ルアー&フライ ナマズ

秋説の実釣検証へ

今回釣行日に選んだのは、最低気温が20℃を下回る日が連続して続いた、10月上旬の晴天日。水路の周りには真っ赤なヒガンバナが咲き誇り秋になったな、と実感させられる。夏を引きずり半袖で家を出てしまい、後悔しながら実釣を開始した。

秋の『デイナマ』は『トップゲーム』で数釣り好機 4時間で4バイト検証に訪れた水路(提供:WEBライター・山根央之)

ポイント選択に注意

早速、春先に爆釣する産卵場近くの水路にやってきたが、なんと水が抜かれ完全に干上がっている。夏の夜に必ずナマズがついている小さな流れ込みも同様だ。辺りを見渡せば田んぼは稲刈りを終えている。10月ならまだ水を落としてないだろうと高をくくっていたが、安易なポイント選択だった。

秋のナマズの着き場を探す

こうなると嫌でも秋のナマズの動きを想像してポイントを選ばないとバイトすら貰えないで終わってしまう。そこで、本流に繋がり、水位が冬でもかわらない中規模な水路に向かうことにした。

この水路は、流れ込みや堰など目立ったストラクチャーが少なく、狙いどころに困るいわば大場所だ。岸際を中心に大きな音を出す、ハネ系トップウォーターで手早くチェックしていく。こういった大場所では、とにかくルアーの存在を知らせることが大切だ。

バイトが出るポイントを発見

200mほど釣り下がったところで、チュボッ!とナマズらしいバイトが!活性は高いようで2度も絡んでくるのが見えたが残念ながらフッキングには至らず…。続けざまにオープンウォーターで控えめなバイトがあるもこれも乗らず。捕食音から想像するに若干スレているようだ。

ルアーをカップ系のトップウォーターに変更し、30mほど下ったところでようやくナマズがヒットした!それにして、もものの50m程度の区間で立て続けに3尾のナマズからアタックが貰えた。この狭い範囲にナマズが溜まっている。そう思えた。

結果は「4バイト2キャッチ」

その後200mほど下るもチェイスなどなく、車までの帰り道に再び釣れた区間を丁寧に探ってみるとチュパッ!と出た。日中のナマズ釣りはチェイスからバイトまで丸見えで最高に楽しい。約4時間程度の実釣時間で4バイト2キャッチという結果に満足したので納竿とした。

秋の『デイナマ』は『トップゲーム』で数釣り好機 4時間で4バイトルアー変更でヒット(提供:WEBライター・山根央之)

次のページで釣行を振り返ってみよう

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。