釣果レシピ:『パサパサ』サバを美味しく食すならスパイス風味ムニエル

釣果レシピ:『パサパサ』サバを美味しく食すならスパイス風味ムニエル

秋の定番ゲスト・サバは脂の乗りがイマイチの個体も。リリースする釣り人も多いのでは?今回はそんな厄介魚が、スパイスでおかずやお酒のつまみに大変身するレシピを紹介!

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・藤倉聡)

藤倉聡

主に東京湾、駿河湾(沼津近郊)で釣りをしています。釣りインストラクター東京(JOFI)と千葉(COFI)に所属。インド料理作りにも夢中です。

×閉じる

その他 レシピ

サバの旬と料理例

釣りの対象となるサバは、「マサバ」と「ゴマサバ」に分類できる。

マサバの旬は、越冬に備えて脂が乗ってきた秋~冬で、「秋サバ」や「寒サバ」と呼ばれて人気がある。一方、ゴマサバの旬は夏と言われている。夏場に脂肪が落ちるマサバと違いゴマサバの味は、比較的周年安定している。

マサバもゴマサバも料理方法に大きな違いはなく、和食では刺身、しめさば、塩焼き、味噌煮、醤油煮、竜田揚げ、洋食ではフライやムニエル、などが挙げられる。

サバの下処理

次に釣ったサバの下処理方法を紹介しよう。

釣り場での下処理

「サバの生き腐れ」と言われるように、とにかくサバは傷みやすい魚のため、釣り場での下処理には特に気を使いたい。釣り場では、釣れたサバの両サイドのエラブタに指を入れてそのままバキッと折り、水の入ったバケツに入れて血抜きをする(サバ折り)。

釣果レシピ:『パサパサ』サバを美味しく食すならスパイス風味ムニエルサバ折り(提供:WEBライター・藤倉聡)

数分して血が抜けたら、氷とたっぷりの海水でキンキンに冷えているクーラーボックスに仕舞う。また、アニサキス対策としての血抜き、そしてエラや内臓も取り除きジップロックに入れてから、クーラーボックスに仕舞う方法もお勧めしたい。

自宅での下処理

自宅に帰ったら、まずは水洗いし、ウロコ・エラ・内臓は速やかに取り除きたい。内臓にいるアニサキスは、鮮度が落ちると筋肉の中に居場所を変えてしまう。そのため、気付かないうちに生食すると中毒の原因になりやすい。刺身やシメサバにして食べる場合は特に重要だ。最後にキッチンペーパーで水気を丁寧に拭き取れば完了。

「サバのムニエル スパイス風味」の材料

脂の乗りが少ないサバにスパイスを加えることで、ご飯のおかずやお酒のつまみに大変身するレシピを紹介しよう。

材料

マサバまたはゴマサバ(中型):2匹
生姜擦りおろし:小さじ1
塩:小さじ4分の1
にんにくスライス:8枚
バター:大さじ4~6
オリーブオイル:大さじ1~2
小麦粉:適量

スパイス

ターメリック:小さじ4分の1
赤唐辛子粉:小さじ2分の1
コリアンダー:小さじ1
ガラムマサラ:小さじ1

次のページでいよいよレシピを公開!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。