シーバスタックルで「サゴシゲーム」満喫 ジグで本命手中【福岡】

シーバスタックルで「サゴシゲーム」満喫 ジグで本命手中【福岡】

シーバスタックルを持ち、福岡市の志賀島でサゴシとシーバスを狙った。ジグで本命サゴシをキャッチできた釣行の模様をレポートしよう。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

志賀島でサゴシゲーム

9月25日は休日でカマスを釣ろうと思ったが、あいにくの強風予報なので、シーバスタックルを持ち風裏が狙える福岡市の志賀島へ。

午前5時すぎに志賀島西側博多湾に面したワンドに到着。ここはキス釣り場でも有名で足場もよく駐車スペースも広いので、釣りやすいポイント。そして、サゴシやシーバスの回遊も多いポイントだ。

シーバスタックルで「サゴシゲーム」満喫 ジグで本命手中【福岡】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

10mほどの強風で玄界灘側は釣りにならないので、ここではあわよくばシーバス、そして今が旬のサゴシ狙いである。夜明け前、まずはウェーダーをはき、ライフジャケットのスタイルで、ミノーやシンキングペンシルなどでシーバスを狙う。

少し歩き、金印公園付近は潮通しも申し分ない。しかし、思惑通りとはいかずバイトはない。日が昇り、トップでも狙ってみるが、反応なし。

ジグにサゴシがヒット

ルアーを引いてくると驚いたベイトが水面を跳ねて逃げる。すると、手前までサゴシが体を躍らせバイトしている。シーバスをいったんやめて20gのジグに取り換え、軽くジャーク。

ガッとサゴシのアタリがきて、小気味いい引き。アグレッシブで期待を裏切らないサゴシはショアの貴重なターゲットである。

シーバスタックルで「サゴシゲーム」満喫 ジグで本命手中【福岡】サゴシを無事キャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

回遊タイミングを逃さない

6時をすぎると数人サゴシ狙いのアングラーがやってきて、ジグをキャスト。イージーに釣れるのもサゴシだが、回遊がなくなればあっという間に無の海に変わる。

7時前からはぽつぽつと釣れる程度。お土産は十分あるので、再度シーバスを狙ったがバイトなし。最後にサゴシのバイトを感じたく1尾釣るまで粘る。バイトが多いのだが、鋭い歯でジグを数個ロストしまう。最後に回遊してきたサゴシを仕留めて釣り場を後にした。

サゴシはカマスと並ぶルアーの好ターゲットだ、時期はあっという間に終わるので、マヅメ時を逃さずに、みなさんも釣行してみては。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
志賀島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年10月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。