初挑戦の『ハゼクラ』で15cm本命をキャッチ【愛知・木曽川】

初挑戦の『ハゼクラ』で15cm本命をキャッチ【愛知・木曽川】

近年よく耳にする「ハゼクランク」。果たして本当に釣れるかどうか試したくなり、愛知県愛西市の木曽川立田大橋で実釣してみた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・小松健次)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

木曽川でハゼクラ

9月11日、愛知県愛西市の木曽川立田大橋で「ハゼクランク(通称:ハゼクラ)」に挑戦。

午後1時半ごろに釣り場に到着。タックルはメバルロッドにフロロカーボンライン3lb。まずは定番?のアカキンのクランクをセットして流してみるが、当然のことながらアタリはない。試行錯誤のスタートだ。速く引いたり遅く引いたりといろいろ試すが、全くダメ。ルアーチェンジを繰り返すが、なかなか厳しい。2時間ノーバイト。

ミノーにもハゼがヒット

ハゼがいそうなカケアガリをスローリトリーブしてサスペンド状態にしていると、プルプルとアタリ。向こうアワセで15cmくらいのハゼがヒット。とてもうれしい1匹だが、その後が続かない。

諦めてバス狙いでミノーを投げていると、同じサイズのハゼがヒット。ミノーでも釣れるんだとビックリ。不思議だけどうれしいハゼ。

初挑戦の『ハゼクラ』で15cm本命をキャッチ【愛知・木曽川】ミノーでも釣れる(提供:週刊つりニュース中部版 APC・小松健次)

ハゼクラ初戦は本命2匹

しかし後が続かないため、バス狙いのワームで攻めていると、20cmのバスがヒット。その後、ミノーで2匹のバスを追加したところで終了とした。

初挑戦の『ハゼクラ』で15cm本命をキャッチ【愛知・木曽川】バスも釣れた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・小松健次)

初めてハゼのクランクは、15cmのハゼが2匹。メバルロッドだけあり、引きは十分楽しめた。外道?でバス3匹が釣れた。生きエサが苦手な人は、ハゼクランク、バイオワームで挑戦してはどうだろう。私ももっと研究して、次回もルアーでハゼを狙ってみたい。

<週刊つりニュース中部版 APC・小松健次/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
立田大橋
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年10月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。