バスロッド流用の波止エギングゲームで新子アオリイカキャッチ【泉南】

バスロッド流用の波止エギングゲームで新子アオリイカキャッチ【泉南】

大阪・泉南でバスロッドを使用してエギングに挑戦。前回釣行ではアジングロッド+1.5号エギでアオリイカが連発したのだが、今回はそう甘くもなく…。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

泉南でアオリエギング

9月20日は中潮回り。大阪・泉南方面へアオリイカを狙ってエギング釣行。

この日は17~21時の夕マヅメから宵にかけての釣りとした。現地に着くと、静穏な海面を微風がかすかに波立たせていて雰囲気がある。いつもの波止には、良い感じが漂っていた。連休の日曜ということもあってか、さすがにエギンガーの姿は多い。

バスロッド流用の波止エギングゲームで新子アオリイカキャッチ【泉南】当日のポイント風景(提供:WEBライター・井上海生)

今回は久々にアジングロッドを持ってこなかった。2タックルにすると、途端に機動力が落ちるため、できればロッドは1本でやりたいところ。しかし、ルアーはエギだけでなく、根魚用のワームも持参した。自宅から遠い泉南まで来たので、多彩な釣りができた方がいい。ロッドは7.1ftのバスロッドMLクラス、リールは2500番にPEライン0.5号という設定だ。

泉南のアオリは低調?

前回の釣行で、小さなエギを投げた時はアタリが頻発したが、今回は潮の条件もあってか渋い。上げ潮が夜に絡むので、おそらくそのタイミングでアジが入ってきて(もっとも、まだ泉南でもアジは入りきっていないが…)、そのアジを追ってイカがやってくるのだろう。

周りのエギンガーたちも釣れていない様子。そしてどういうわけか、イカの季節の証ともいえる「墨跡」がほとんどない。あっても、その色が薄い。つまり、このシーズン、ここまでは全体的にイカは低調なのかもしれない。

オレンジ色のエギにヒット

しかし、時合いになんとか2.5号エギにヒット。イカパンチがあって掛けた、という感じではなく、いきなり竿に重みが乗った。エギを引ったくっていっただけあって刺さりが深い。上がってきたイカは、しっかりとエギを抱いていた。夕マヅメの色に溶け込む、オレンジカラーへの反応。これは定番といえる。

バスロッド流用の波止エギングゲームで新子アオリイカキャッチ【泉南】オレンジエギでアオリゲット(提供:WEBライター・井上海生)

辺りが暗くなり、夜が訪れると、潮が動いて波音は高くなったが、予想とは反対に、アタリが遠のいてしまった。やはりイカのベイトが波止まで入りきっていないのだろうな…、と苦々しく思う。

エギングは見切りも大事だ。私はもう1カ所、泉南のテトラでエギングのポイントを知っているが、この日はイカに関してこれ以上のことはない「予感」があってここまでにした。

根魚狙いに転戦

そして、予定していた通り、根魚に狙いをかえる。ジグヘッドに2inchのワームをつけて波止のキワに落とし、ボトムをしっかりと意識して釣る。筆者の場合、ボトムを意識するとは、着底させるという意味ではない。微妙にボトムを「切る」感覚で、リグをふわふわと漂わせるのだ。それによってロストが激減し、また魚の反応もかわらないことを最近発見した。

すると、カサゴがヒット。退屈しない程度にポツポツと、それも20cmを切らないサイズが食ってくれる。

バスロッド流用の波止エギングゲームで新子アオリイカキャッチ【泉南】定番のカサゴ(提供:WEBライター・井上海生)

また、最近検証していることだが、一般的にライトゲームで使用される1inch前後のワームよりも、2inch程度の方が、もしかすると根魚の反応は良いかもしれない。とあるプロダクターが、昨今のルアーについて「何でも小さくしすぎですよ」と苦言を呈していたが、確かにそうかもしれない。後日、ワームの大きさと根魚の反応、そして釣れてくるサイズの関係について検証したいと思う。

新子は少し遅れ気味か

9月の泉南といえば、エギンガーがバシバシ新子を乗せているが、今年は若干アオリイカが遅れている様子。イカのベイトとなるアジがあまり入っていないせいで、このような状況なのかもしれない。

アジが入るとともに、泉南にはアオリイカが本格的に回りだすはずだ。満月回りに反応の良いイカ、新月回りの常夜灯効果が効いて、夜な夜な釣れ続けるアジと釣り分けていきたい。ちなみに持ち帰ったアオリイカは刺し身でいただいた。

バスロッド流用の波止エギングゲームで新子アオリイカキャッチ【泉南】アオリイカの刺し身(提供:WEBライター・井上海生)

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。