超A級磯のフカセ釣りで良型グレ乱舞 大型青物の洗礼も【大分・深島】

超A級磯のフカセ釣りで良型グレ乱舞 大型青物の洗礼も【大分・深島】

秋めいてきた9月18日、大分県何部の深島へグレを狙って釣行。朝イチは大型青物の襲来でどうにもならなかったが、潮がかわって良型グレが乱舞した釣行だった。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・誠太郎)

誠太郎

チヌ、グレしか狙わない偏向釣師。三度の飯より釣りが好き。波止場よりのジギングもフカセの浮気で試みたりする。将来の夢は深島で連泊の磯釣り。

×閉じる

海釣り 磯釣り

深島へ磯フカセ釣行

台風9号、10号が通過した九州の大分県。この台風が今までどっかり居座っていた真夏を蹴散らし、大分県下は一気に初秋モードに切りかわった。以前から職場の磯釣り初心者とかわしていた「季節が良くなったら必ず磯釣りに行こう」の約束を果たすのには、絶好のチャンス。

そこで、9月18日、大分県最南端の深島に4人の釣り友を伴って出撃。アドレナリン全開の一日を過ごしてきた。

早朝は上着1枚羽織らないと少し肌寒く感じる朝だ。我々は朝6時出港の深島への瀬渡し船「正福丸」の船上の人となっていた。事前情報によると、かなりウネリが入っていて、深島南側の各A級瀬は上礁不能。一方、全くウネリの影響を受けない、深島の北側のポイントはどこも上礁可能である。

超A級磯へ渡礁

深島北側の各ポイントは尾長グレの期待は薄く口太グレ主体となるが、釣果は確実だ。初心者もいるので、とにかく釣れてくれればいいか…と、早くも5人の釣り人を3人と2人に分け、それぞれどのポイントに上がるか考えていた時、「誠太郎さん、ツバクロに上がってください」と、わが耳を疑う声。ツバクロと言えば深島の中でも「超」が付くほどのA級瀬である。

超A級磯のフカセ釣りで良型グレ乱舞 大型青物の洗礼も【大分・深島】ツバクロでの釣り座(提供:WEBライター・誠太郎)

大きな岩が海面から飛び出したような釣り場で、確かに北向きに釣り座を取れば、南西側からのウネリは辛うじてかわせる。小雨の降る天候、シルバーウィーク直前とあってか釣り人も少ない。その結果、我々は予想もしていなかった深島のA級瀬・ツバクロに3人、そして残る2人はこれまたA級瀬のソーノハエにそれぞれ上礁できたのであった。 

青物の群れが襲来

今回上がったツバクロは、単なる海面に飛び出たハエに過ぎず、大きなウネリが入ると反対側まで波が回り込んで足元を洗う。ツバクロの本命ポイントは3人が限界であり、ウネリが回り込んでくる可能性が高い釣り座は私が入り、安全な中央部、右側には磯釣り初心者2人が釣り座を構えた。

ウネリの状況や、まきエサに寄る魚の観察するため、3人とも最初は釣り座に立たず、しばらくまきエサを打って海の状況を観察する。しばらくすると2ヒロくらいのタナで、グレがエサを拾っているのが観察できた。「今日は行ける!」と確信した直後、我が目を疑う信じられない光景が…!

まきエサに群がる小魚を狙い、80cmくらいの青物が突入してくるではないか。それも2、3尾ではなく、20~30尾もの数だ。さすが「最後の楽園」とまで言われる深島。あらためてポテンシャルの高さを実感したのであった。

強烈な青物の洗礼

回り込んでくるウネリによる波に注意しながら釣り開始。2ヒロまで浮き上がってくるグレは確認できたものの、今一つタナが判然としないので、私は浮力00号のウキにG4のオモリをハリのすぐ上に打ち、全遊動の沈ませ釣りの仕掛け、他の2人は浮力のあるウキを固定し、タナ2ヒロで挑んでみることにした。

私は、基本に徹してまきエサを打ち、そこに仕掛けを入れ、その周辺部に追いのまきエサを…のつもりであったが、それどころではなかった。仕掛けが着水したとたん、一気に竿を持つ左腕が完全に伸びきってしまう、竿引きの強烈な大アタリ。80cm前後の青物だ。

超A級磯のフカセ釣りで良型グレ乱舞 大型青物の洗礼も【大分・深島】魚が止まらない(提供:WEBライター・誠太郎)

当然、完全に後手に回ってしまいラインブレイク。二度目は何とか魚を止めたが、後半に魚が信じられないくらいの馬力を出し、ハエを回り込んで道糸を100mくらい失ってしまった。他の友人も同様の暴力的なアタリを体験し、3人で7、8個のウキをロスト。開始早々から完全な消耗戦に突入してしまった。

超A級磯のフカセ釣りで良型グレ乱舞 大型青物の洗礼も【大分・深島】友人も竿を曲げ込むが歯が立たず(提供:WEBライター・誠太郎)

魚が怖い?

当日は事前情報から、北向きの瀬に上礁して口太グレ狙いのつもりで準備したタックルだったため、このツバクロでは非常に心細い。仕掛けを入れると高確率で青物が食らいついてくる。それも、ほぼ取れないサイズの大型青物ばかりだ。

仕掛を失うのが恐ろしくて仕掛けを入れられない。釣れる魚が怖くて仕掛けを海に入れられないなど、人生初の体験だ。私も新たにラインを巻き直し、臨戦態勢は整ったが、仕掛けを入れられない。朝マヅメのゴールデンタイムが過ぎれば青物は消える…と信じ、しばらく何もせずに状況を見守る。こうなるとどちらが狩る側で、どちらが狩られる側かわからない状況になってしまった。 

次のページでようやくグレが主役に?!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。