新子タチウオ接岸中 夕マヅメのワインドで60cm級【水軒鉄鋼団地裏】

新子タチウオ接岸中 夕マヅメのワインドで60cm級【水軒鉄鋼団地裏】

9月13日の夕方から水軒鉄鋼団地裏へタチウオを狙って釣行。当日はリリースサイズの小型が多かったが、夕マヅメの一瞬には連発したので、その模様をお届けする。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷口墨人)

谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

ソルトルアー ショア

水軒鉄鋼団地裏でタチウオ釣り

和歌山県・紀北のベイエリアでは、9月になって新子の小型のタチウオの群れが接岸してきて、釣れ始めた。数は少ないが、居着きの80cm超のタチウオも交じって釣れている。そこで水軒の鉄鋼団地裏へ釣行してきた。

現地には、午後4時すぎに到着した。日曜日なので、釣り場はもうすでにタチウオ狙いの釣り人でいっぱいだった。当然、潮当たりのいい好ポイントのコーナー付近はギッシリ。手前までしばらく歩いていき、ようやく空きスペースを見つけたので、そこにエントリーした。

新子タチウオ接岸中 夕マヅメのワインドで60cm級【水軒鉄鋼団地裏】賑わう釣り場(提供:WEBライター・谷口墨人)

メタルバイブは不発

事前の情報では、まだ明るい時間からバイトがあるみたいだ。タックルをセットし、まずは26gのイワシカラーのメタルバイブレーションをチョイス。投入後、ボトムを取ってから沖合いの深場を狙ってシャクリ始める。しばらく投入を繰り返すが、バイトがない。

夕方5時を過ぎ、ジグヘッド+ワームに変更。21gのジグヘッドに、パワーシャッド5inch(パールホワイト)の頭をカットしてから装着。気合いを入れて投入し、着水後カウントダウンさせて、ボトムを取ってから、ゆっくりとスローワインドでシャクリながら誘いをかけていく。

新子タチウオ接岸中 夕マヅメのワインドで60cm級【水軒鉄鋼団地裏】使用したルアー(提供:WEBライター・谷口墨人)

ワームで60cm

すると、コンッとショートバイトが続けて出た。タチウオのサイズが小さいので掛からないのかと思い、ワームのサイズを一回り小さい4inchに変更する。そして投入してからシャクッていると、中層でガッーンとバイト。すかさずアワせて寄せにかかると、グングンと引きがあった後は、すんなりと寄って来て、60cmクラスのタチウオをキャッチ。これは小型なので、リリースする。

続けてまた、ガッーンとバイト。寄せて来たが、これも新子のタチウオで、海面から抜き上げると、暴れてフックアウトし、ナチュラルリリース。

小型多く掛かり悪し

周りでも、タチウオが釣れ始め、歓声が聞こえてくる。エサ釣りの電気ウキにもよくアタリがあるが、なかなかハリ掛かりしない様子で、ようやくハリ掛かりしても60cmクラスの小型のタチウオだ。

ワインドでも表層でバイトがあり、タチウオが浮いてきている。ショートバイトも多いが、掛かれば小型なのでリリースしていく。

新子タチウオ接岸中 夕マヅメのワインドで60cm級【水軒鉄鋼団地裏】ヒットした小型タチウオ(提供:WEBライター・谷口墨人)

次のページで今後の展望を紹介

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。