人気エギングフィールド「南伊豆」攻略法5選 秋シーズン到来【静岡】

人気エギングフィールド「南伊豆」攻略法5選 秋シーズン到来【静岡】

エギング激戦区「伊豆」で、アオリイカを釣る近道とは?釣り方のコツやポイント選びについて詳しく解説しよう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・野中功二)

野中功二

伊豆をメインフィールドとするローカルアングラー。エギングメインですが、ジャンル問わず、海山に囲まれ自然に恵まれた伊豆で旬の釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

人気フィールド攻略法5選

次に人気フィールドの攻略法を紹介。

1.ポイント選択

秋エギングで大切なのはポイント選択で、近年の実績のあるポイントが有望視される。産卵した個体がエサを食べて大きくなって来る時期、外敵から身を守ることが可能な場所。これを踏まえると、生まれたイカが容易に捕食できる環境が優先順位となる。その後、大きくなり外洋に出ていく。

2.釣行タイミング

デイゲームと大きく異なるナイトゲーム。朝夕マヅメ~ナイトゲームについては、天敵となる青物の回遊が無くなり、アオリイカが湾奥から回遊し始める。そこで、潮通しの良い外洋に面したポイントや港内の船道、岬の先端、深場と浅場が隣接するポイント、湾内やワンド内潮の動く場所などがポイントとなる。ストラクチャーに付くイカを狙うデイゲームとは正反対に、この時期のナイトゲームは捕食回遊待ちの釣りが中心だ。

3.表層と中層を狙う

「レンジ」だが、この時期だから意識しておきたいことがある。それは、中層から上のレンジを狙うということ。なぜ中層より上なのか? アオリイカはエサとなる小魚は中層や表層を泳いでいるし、さらに小型アオリイカが多いこの時期、ボトム付近は子イカを狙う根魚などが身を潜めており、アオリイカには危険な場所となる。安全でしかもエサも豊富な中層表層が、この時期のメインレンジとなるわけだ。

4.タックルのレングス

表層ステイをした際ショートロッドだとステイ距離と時間が稼げない。ミドル・ロングロッドだと時間を稼ぐことが出来るため、足場の高い堤防が多い伊豆ではなおさら有効だ。

ラインは風に不利なPEラインと風に有利な新素材ライン(コーティングPEライン)の使い分け、ラインによってエギのアクションにも影響がでる。PEラインは比重が軽く海面に浮く、新素材のラインは比重がやや重くなるため、沈む感じだ。風があるときは使い分けよう。

5.エギの選択

新子でもある程度大きくなれば、3.5号でもOKだが3号のエギならゆっくりとしたフォールなども演出できるので1~2本は準備しておきたい。ハイプレッシャー下ではエギのサイズダウンも有効な一手となり得る。

エギカラーも視野性の良いカラーとナチュラルカラー、正反対のカラーを準備していきたい。闇夜・月夜で2パターンのエギを用意するのも良いだろう。闇夜であれば、赤テープ系、夜光タイプ、リアルタイプ、ケイムラ。月夜であれば、シルバー系、ゴールド系、ケイムラタイプ、リアルタイプなど。

人気エギングフィールド「南伊豆」攻略法5選 秋シーズン到来【静岡】アオリイカの釣果(提供:WEBライター・野中功二)

次のページで「エギのアクション」を解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。