陸っぱりトップゲームで50cm級バス 2種のプラグのみで挑戦【琵琶湖】

陸っぱりトップゲームで50cm級バス 2種のプラグのみで挑戦【琵琶湖】

8月中旬の3日間、琵琶湖・南湖へバス釣りに出かけました。夏らしくトップウォーターを攻め、50cm級のブラックバスをゲットした釣行をお伝えします。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・宇佐美 岳洋)

Takehiro_Usami

パーソナルトレーナー。時々、某動物のマネージャー。ところにより、フィッシングライター宇佐美です。「楽しくて、おもろい」ことがモットー!

×閉じる

ルアー&フライ ブラックバス

琵琶湖で陸っぱりバス釣り

「スピニングタックルでの巻物にこだわって60cmアップ」という夢を持つ筆者が、8月10・15・16日の3日間、琵琶湖・南湖へ。今回の釣行では、夏らしくトップウォータープラグで攻めることにしました。

釣りの前日は遠足前気分となって熟睡できない筆者。前日深夜に出発し、坂本城址公園の駐車場に車中泊し、朝イチは坂本城址公園からスタートすることにしました。

陸っぱりトップゲームで50cm級バス 2種のプラグのみで挑戦【琵琶湖】坂本城址公園(提供:WEBライター・宇佐美岳洋)

3日間とも快晴で酷暑。暑さ対策として「水分・栄養・睡眠」の3点を気に付けました。また、軽くて動きやすいブーツを使用したのですが、色が黒で熱を帯び、薄さの影響でダイレクトに足が熱されていました。足場が高い釣り場では時々、湖に足を突っ込んで冷却を行わなければならず、長時間居座ることができませんでした。

みなさんも服装での体温調整はもちろんですが、お履物の選択肢も増やして釣行に臨んでみてください。

ルアーは2択

今回の釣行で使用したルアーは2つ。決して面倒くさいという理由ではありません!「活性の高いバスに出会えれば良い」との割り切った考えがあったからです。

HKML・K-1マック

サーチルアーとして、「HKML・K-1マック」を使用。波動で食わすことができる!とバス釣りの師匠に勧められ、投げない日がないぐらい使っている「先鋒ルアー」です。

陸っぱりトップゲームで50cm級バス 2種のプラグのみで挑戦【琵琶湖】HKML・K-1マック(提供:WEBライター・宇佐美岳洋)

メガバス・POP-X

「メガバス・POP-X」が今回の大将を務めました。なぜ大将なのか?その理由は後ほど!過去にも実績があり、入れ食いも経験したことがあるルアーです。

陸っぱりトップゲームで50cm級バス 2種のプラグのみで挑戦【琵琶湖】POP-X(提供:WEBライター・宇佐美岳洋)

坂本城址公園では不発

朝マヅメは坂本城址公園を攻めましたが、バイトまで至らず。ごく小さなアタックはあっても、バスの顔を拝むことはできず。

ちなみに、NHKドラマ効果の観光客はほとんどいませんでした。4月の取材では駐車場は車が入れ替わり立ち替わりの状態で、警備員さんが常駐していましたが、今回は釣り人だけが駐車場を利用している状況。いつもの静かな公園に戻っています。

浮御堂でランカー級

続いて、浮御堂に移動。HKML・K-1マックを投げ込むと1投目から小さなアタックがあり、水中に目を凝らすと大きな魚影。足元の小バスたちもルアーを追っかけて活性の高い様子がひしひしと感じ取れました。

しかしバイトまで至らずPOP-Xにチェンジをした2投目に歓喜の瞬間がやってきました!水面が割れるのはトップウォータープラグの醍醐味ですよね!

そして、水温が30度オーバーとなる湖面を静かに割ったかと思えば、一気に大きな水しぶき!ドラグの金属音をかき鳴らし、大暴れする魚体を空中に確認。浮御堂を観光する方々からは丸見えだったので、バラせない緊張感がありました。

ウィードがラインに絡み、ドラグも鳴りっぱなしなのをお構いなしに引っこ抜き、50cm弱のバスをキャッチ!

陸っぱりトップゲームで50cm級バス 2種のプラグのみで挑戦【琵琶湖】50cm級をキャッチ(提供:WEBライター・宇佐美岳洋)

アピール力の強いポッパーへ替えた決断力は、糖質多めで頭の働きが良くなっていたのだと信じています。その後もPOP-Xで10cm台を2匹キャッチしました。

次のページでピエリ守山前の湖岸に移動!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。