何でもありの波止ライトゲームでアジ・根魚・シーバス・コウイカ【大阪】

何でもありの波止ライトゲームでアジ・根魚・シーバス・コウイカ【大阪】

9月6日、大阪・泉南へアジングに出かけた。本命アジの時合は一瞬だったが、忍ばせていたエギにコウイカが連発した釣行をレポートしよう。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

泉南テトラ帯でアジング

9月6日、大阪・泉南へアジングに出かけた。

当日の釣行は夕方から翌朝までの通し釣り。中潮で午後9時頃に満潮を迎える潮回りだ。夕マヅメ、泉南市のテトラ帯にエントリー。ずいぶんと夕暮れが早くなっていて、少し驚いた。本格的な夏が過ぎ去り、秋が訪れようとしているのだな…と感じる。釣りをするのに邪魔にならない風が涼しくて、気分は良い。

何でもありの波止ライトゲームでアジ・根魚・シーバス・コウイカ【大阪】日暮れの早さに秋を感じる(提供:WEBライター・井上海生)

アジ4尾をキャッチ

アタりが出始めたのは暗くなってからだった。この日は満潮が9時頃なので、まあ然りというところか。4尾が釣れたのだが、なんというかあっさりしている。数もそうだが、パターンというものがなく、ワームを投入してこっちがレンジを刻もうとフォールさせているか、あきらめて回収してくるかのタイミングで食ってきたのが4尾では物足りない。とはいえ、久々に泉南でアジの魚影を拝めたわけだ。

何でもありの波止ライトゲームでアジ・根魚・シーバス・コウイカ【大阪】アジは一瞬で時合い終了(提供:WEBライター・井上海生)

泉南エリアのターゲット

前に来た時より、少しだが変化はある。もう少し季節が進めば、もっと群れの密度の濃い、中~大型の群れが入ってくるだろう。そして泉南は、南の方まで下りきると、大阪南港ほどタチウオが出ない。ヤツらがワームにバイトしてくることもなければ、釣ったアジにバイトしてくることもない。アジングは非常にやりやすいのだ。

ちなみに、メッキも1尾出た。海水温が高い証拠か。まだまだ夏の海だ。

波止際で根魚狙い

やはり釣り足りない気持ちがあるので、まあ朝までゆっくりやろうと思い、一度テトラから離れた。体力温存。波止で根魚を狙うことにする。

個人的な意見だが、テトラで反応が良い根魚も、釣れる場合には、波止で釣ってしまうことをオススメする。というのも、テトラだとどうしても根をかわせずロストが多くなる。波止では際に落としてリトリーブするだけなので、そこまで根掛かりの心配がないからだ。

良型カサゴ&セイゴが登場

狙い通り、カサゴが釣れてくれる。しかもなかなか良いサイズだ。が、なかなか数が釣れない。時間がよくなかったのかもしれない。潮の上げ止まりに入って、波止回りは、まったく海が動いている気配がなかったのだ。

お次は、コーナーで何やらバシャバシャやっていた魚がヒット。正体はセイゴ(スズキの若魚)だった。満足し、あまり粘りすぎず、朝マヅメをしっかりとやるため、ここで一度車の中で仮眠することにした。

次のページはエギングでコウイカが連発!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。