魚介で地域活性化:香川県『オリーブハマチ』とは 9月11日に販売解禁

魚介で地域活性化:香川県『オリーブハマチ』とは 9月11日に販売解禁

ブリの養殖の発祥地である香川県で、ちょっと変わったブランドブリが販売されているようです。なんとそのブリ、飼料に「オリーブ」を用いているのだとか。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

今年も「オリーブハマチ」が解禁

1928年に初めてブリ(ハマチ)の養殖が行われた香川。9月11日、同県でちょっと変わった養殖ブリの販売が解禁されました。その名も「オリーブハマチ」。香川県のブランド品種です。

オリーブハマチは毎年9月中旬に解禁され、翌年1月までの期間限定で味わうことができます。2008年の発売開始以来、年々出荷量を増やしており、2020年は27万尾程度を出荷する予定となっています。(『香川県ブランド魚『オリーブハマチ』今年も2020年9月11日から解禁!!「オリーブハマチがあたる!プレゼントキャンペーン」も実施します!』PRTIMES 2020.9.11)

天然魚をも凌ぐ味で人気の高い「ブランド養殖魚」が増えていますが、販売が期間限定で行われるものは珍しいと言えるでしょう。

オリーブハマチとは

香川県は、典型的な瀬戸内海型気候で、雨が少ないのが特徴。その乾燥した土地に適した作物である、オリーブの栽培量が日本一となっています。オリーブハマチは2008年に「ブリ養殖開始80周年」を記念して開発されました。

オリーブハマチの特徴はずばり、「オリーブの葉」を飼料に混ぜて育てられているということ。オリーブの葉には強い抗酸化作用を持つ「ポリフェノール」が大量に含まれています。この飼料を与えられたブリは、脂がたっぷり乗っていても臭みがなく、さっぱりとした味わいを楽しめると言われています。

魚介で地域活性化:香川県『オリーブハマチ』とは 9月11日に販売解禁秘密はオリーブの「葉」(提供:PhotoAC)

また、香川県と国立研究開発法人理化学研究所の研究によると、オリーブハマチを週に1回、生(刺身)で300g摂取することで、日常生活疲労の改善、ストレス軽減、リラックス効果があるとのこと。美味しいだけでなく、QOLの向上にも貢献してくれるのです。(『さぬきオリジナル オリーブハマチ』 香川県かん水養殖漁業協同組合)

飼料に植物を混ぜるワケ

そんなユニークな方法で養殖されているオリーブハマチ。しかし実は現在、飼料にいろいろな植物を混ぜて魚に与える養殖は、ポピュラーなものとなっています。

はしりとなったのは鹿児島の養殖ブリ「獅子鰤王」。ブリの飼料にユズを混ぜることで、ユズの香り成分であるリモネンが身に移り、脂っこくなくさっぱりとした味わいになることがわかり、各地で同様のブリが養殖されるようになりました。

魚介で地域活性化:香川県『オリーブハマチ』とは 9月11日に販売解禁脂が乗っている養殖ブリ(提供:PhotoAC)

植物計測剤を加えることで味が良くなるだけでなく、ポリフェノールの作用で酸化・変色しにくい肉質へ改善され、日持ちが良くなる効果もあるそうです。

かつては「脂が臭い」と敬遠された養殖ブリですが、様々な工夫が施され、いまや天然ブリよりも高価になることも多くなりました。養殖技術の向上に感謝しながら、その美味しさを楽しんでみてください。

<脇本 哲朗/サカナ研究所>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。