レンタルボートでルアー五目 タイにハタにサメまで浮上【熊本・天草】

レンタルボートでルアー五目 タイにハタにサメまで浮上【熊本・天草】

8月19日、大多尾(熊本県天草市)にある釣りのみっちゃんからレンタルボートで五目釣り。タイにハタ、さらにはサメまで登場した釣行をレポートしよう。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

釣りのみっちゃんでルアー五目

午前6時に釣りのみっちゃんに到着。タックルの準備をして出船!まず目指すのは、南側に位置する島周り。ゴロタ岩が海中まで広がっていて水通しがよく、シーバス、チヌ、アオリイカ、青物、ヒラメ、カサゴ(アラカブ)、キジハタ(アコウ)などが釣れる。

船をポイント10m手前に着け、ドテラで流す。仕掛けは自作タイラバ30g。 1流し目からアタリ連発するが、どれも20cm前後のカサゴとキジハタ。「先週もそうだったけど、浅場にはデカい根魚いないんかな?水温?」。 一つの仮説を立て、最初に流したポイントから沖に20m行った所をドテラで流すと……。

「来た!まあまあかな」。上がってきたのは30cmちょいのキジハタ!「明らかに浅場とサイズが違う」。

タイラバからジグにチェンジ

浅場に見切りを付け、水深20m以上の深場に移動。次に船を止めた場所は、先週アオハタやマダイが連発した場所で、そのままドテラで流すと潮目にぶつかる延長線上。周りを見ると、カタクチイワシがちらほら。 タイラバからガンガンジグブレード(イワシ40g、ブレードゴールド)に替えてちょい投げ。

レンタルボートでルアー五目 タイにハタにサメまで浮上【熊本・天草】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

小ダイ&アオハタをゲット

着底後、ゆっくり巻き、15回ほど巻いたところでまたフォールで着底させ、また巻いてくると「ゴッゴッゴ!」「来た~♪」。マダイ特有の前アタリ!

レンタルボートでルアー五目 タイにハタにサメまで浮上【熊本・天草】小ダイもやる気見せた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

ゆっくりやり取りしながら、上がってきたのはマダイはマダイだが、チャリコ(小ダイ)。写真を撮り、すぐにリリース。

同じやり方で通すと、今度はアオハタ!これはハタの中でも塩焼きが抜群にうまい魚。

40cm超キジハタ登場

 そろそろ問題の潮目、流れの変化に突入!ジグを真下に落とし、巻き始めた瞬間!「ゴンッ!ジィー!」「デカい!」。時折ドラグを出し、突っ込む相手に耐えて、上がってきたのは40cmオーバーの丸々太ったキジハタ!

レンタルボートでルアー五目 タイにハタにサメまで浮上【熊本・天草】40cm超えキジハタゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

やはりガンガンジグブレードがマッチ・ザ・ベイトしているのか、フックががっちり掛かっている。

サメも参戦

船を元の場所に戻して釣りを再開していると、カタクチイワシを補食する魚影が!「うっわー、背ビレ出してんじゃん」。正体はサメ!

少し場所を移動し、同じやり方で巻いていると……。「ゴンッ!ジィーィーーーィーー!」「デカい!青物か?」。首を横に振り、ドラグを出していく!「中層で掛けたし、大丈夫かな」。それでも慎重に上げてくると……。「え~、青物だと思ったのに~(泣)」。

レンタルボートでルアー五目 タイにハタにサメまで浮上【熊本・天草】サメも参戦(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

正体はサメ!「でも楽しめたからOK」。 その後はカサゴやフエフキダイや小さいキジハタなどが遊んでくれて、暑さのために正午に帰港した。

<週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
釣りのみっちゃん
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年9月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。