SUPでのロックゲームで本命キジハタ対面 カサゴは2ケタ釣果【敦賀】

SUPでのロックゲームで本命キジハタ対面 カサゴは2ケタ釣果【敦賀】

8月も終盤。色んなターゲットを釣り残したまま夏を終わらせないために、リレー釣行へ。敦賀港の豆アジ&SUPでの根魚釣りで短い夏を満喫してきた。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

敦賀港で豆アジ狙い

8月22日の夜、福井県敦賀市まで車を走らせた。日付が変わるころに到着し、まずはアジ狙いから。アジなら秋になっても、と思うかも知れないが、私が求めているのは南蛮漬けにする豆アジなのだ。今釣らなければ、どんどん大きくなってしまう。

敦賀港周辺をウロウロしてみたが週末とあって先行者が多く、狙うポイントに入れない。0.4gのジグヘッドにパワーイソメの組み合わせで数カ所探ったが、釣果は小さなセイゴと本命の豆アジが1匹だけ。

豆アジに苦戦

そこで敦賀半島に車を向けるが、ここも予想以上に人が多い。丹生周辺まで来たところで、ようやく人の少ない場所に豆アジの群れを見つけた。

まずはジグヘッドで探ってみるが、なんせ相手は6~8cmの豆アジ。表層をスローに探れば簡単にアタリは出るが、ヒットに持ち込むのは至難の業だ。あの手この手で数匹キャッチしたが、このペースでは目標の30匹に届かない。

SUPでのロックゲームで本命キジハタ対面 カサゴは2ケタ釣果【敦賀】思わぬ苦戦の豆アジ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

必殺サビキで30匹

そこで必殺の豆アジサビキ。下カゴにアミエビを詰めて投入すると、早速サオ先が震えた。アジをバケツにほうり込み、ふと見ると背後にネコが1匹。「30匹キープするまで待っていてね」と再投入するが、これが渋い。

サビキは豆アジ専用の0.8号。これ以上はハリも小さくできない。常夜灯の下で観察してみると、どうやらコマセに対する反応が悪いようだ。とはいえ無反応という訳ではなく1匹、また1匹と単発のヒットはある。

その間に1匹、また1匹と数を増やすネコ。ようやく目標の30匹を数えるころには、ネコは11匹になっていた。この調子だと、朝まで粘っても彼らの期待には応えられそうにない。ゴメンナサイとネコたちに謝罪し、午前3時半にひとまず撤収とした。

SUPでのロックゲームで本命キジハタ対面 カサゴは2ケタ釣果【敦賀】30匹をキープして南蛮漬けに(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

次のページでSUPフィッシングへ転戦!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。