御前崎沖で『バチコン五目』 大型イサキに3kg級マハタ【第15増福丸】

御前崎沖で『バチコン五目』 大型イサキに3kg級マハタ【第15増福丸】

御前崎沖のバチコンゲームは、イサキやアジのほか、ウメイロなどの超高級魚が狙え、秋は対象魚が増えて面白い。8月17日、この釣りを提唱している第15増福丸に乗り込み取材した。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

御前崎沖でバチコンゲーム

午前4時過ぎに御前崎港から第15増福丸で出船。当日は御前崎沖の金洲で、ウメイロやジャンボイサキを狙う予定だが、最近は非常に潮が速く、釣り辛いとのことだ。

1時間半ほどの航程で、金洲に到着。話どおりの激流で、潮流の力だけで海面が波立っており、流速は5ktとのこと。

乗船者たちはまず、ジギングでカンパチやハタ類の様子を探る。この間に、同船の増田船長が様子を見るべくバチコン仕掛けを投入。これを一旦底まで沈め、ワンピッチで3~5回シャクってはステイを入れ探っていく。

御前崎沖で『バチコン五目』 大型イサキに3kg級マハタ【第15増福丸】五目バチンコ仕掛け(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

バチコンゲームのアクション

この時の注意点は、ワームが潮を掴んで流れ、ハリスが張るのを待ってからアクションすること。着底からシャクリ開始まで、シャクリとシャクリの間、ともにステイを入れる。

ステイの時間は、潮の流速や魚の食う都合、ハリスの長さにより変わるので、この点については、実際にやってみるときに船長に聞くのが一番だ。

御前崎沖で『バチコン五目』 大型イサキに3kg級マハタ【第15増福丸】マダイバリ+ワームの組合せ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

アタリ

アタリはステイ中に出ることが多く、コツコツと小さく出ることが多い。テンビンが支点となるため、アワセが効きにくいので、ロッドの胴に乗せてしっかり合わせることが肝心だそうだ。

御前崎沖で『バチコン五目』 大型イサキに3kg級マハタ【第15増福丸】テンビン+スティックシンカーを使用する(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

次のページでジャンボイサキ登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。